このページの先頭です
このページの本文へ移動

銅鐘(東本願寺)

ページID:681814205

更新日:2010年11月3日

東本願寺
平成14年度登載

 東本願寺は浄土真宗の寺院で、天正年間(1573~92)の草創と伝えられます。創建の地は詳らかではありませんが、慶長年中に神田筋違門橋外に移転し、慶長14年(1609)に神田明神下へ、さらに明暦の大火(1657)以後、当地に移転したと伝えられます。

本銅鐘は青銅製。総高は302センチメートル。銘文に寛永7年(1630)12月28日の紀年銘があります。撰文は東本願寺13世宣如光従です。

 本銅鐘を鋳造した鋳物師いもじは明らかではありませんが、撞座つきざや龍頭、下帯にある唐草文の意匠から、江戸時代初期に活躍した鋳物師、長谷川越後守はせがわえちごかみによる鋳造と推定されます。長谷川越後守を名乗る鋳物師は、吉家と家吉が知られており、いずれも十七世紀に活躍しています。とくに吉家は元和・寛永期に作例を残しており、本鐘も長谷川越後守吉家によって鋳造されたと考えられます。

 本銅鐘は区内に現存する銅鐘の中でも古いものに属します。また大きさは、区内随一の巨鐘です。

東本願寺の銅鐘
東本願寺の銅鐘

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)

電話:03-5246-5828

ファクス:03-5246-5814

本文ここまで

サブナビゲーションここまで