このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

(重要)風水害時の避難場所について

更新:2020年9月7日

風水害時の避難場所指定について

台東区では、風水害に備え、避難場所を指定しました。発行しているハザードマップに記載の避難所と変更がございますので、ご注意ください。なお、今回指定した避難場所は、区内で発生する水害のうち、内水氾濫(下水の処理不足による浸水)、神田川氾濫、土砂災害を対象としたものです。荒川氾濫が想定される場合には、ほとんどの地域で、2週間以上の浸水が想定されるため、区から発令される自主的広域避難情報を参考に、知人や親戚宅への避難を含めた、浸水区域外への避難をしてください。

発行中のハザードマップについては、こちらをご確認ください

水害時避難場所

自主避難場所と緊急避難場所

自主避難場所

避難情報が発令されていない段階で、早期に開設される避難場所です。自主的な避難を希望する方に、開放いたします。
なお、自主避難場所への避難は、感染症のリスクを伴いますので、できる限り自宅に待機してください。台東区内で、以下6か所指定しています。

自主避難場所一覧
忍岡小学校谷中小学校
柏葉中学校台東育英小学校
松葉小学校東浅草小学校

緊急避難場所

避難情報の発令や風水害の状況により、命を守るために、一時的に避難する場所です。自主避難場所に指定している施設に加えて、以下10か所を指定しています。

緊急避難場所一覧
御徒町台東中学校上野中学校
東泉小学校浅草中学校
浅草小学校田原小学校
中小企業振興センター(旧小島小学校)上野小学校
千束小学校石浜小学校

上記避難場所は、台東区内で発生するとされている、内水氾濫(下水の処理不足による浸水)、神田川氾濫、土砂災害の恐れがある場合に開設します。荒川氾濫が想定される場合は、区内の大部分が浸水し、2週間以上浸水が継続するため、早期に浸水区域の外に避難してください。
※ 避難場所には避難生活用の備蓄品はありませんので、ご自身でお持ちください。
※ 内水氾濫、神田川氾濫(河岸侵食地域にお住まいの方を除く)については、自宅が2階建以上の場合、自宅の2階に避難することで、十分に安全を確保できますので、在宅避難をおすすめします。神田川氾濫における河岸侵食地域や土砂災害警戒区域のお住まいの方は、避難情報が発令された場合、緊急避難場所に避難してください。

水害時の避難情報について

水害時に、土砂災害や河川氾濫の危険性が生じた場合には、区民の皆様に、避難情報を発令します。
避難情報は、いずれも河川や地域を指定して発令いたします。避難情報は、警戒レベルを付して、警戒レベル3避難準備・高齢者等避難開始、警戒レベル4避難勧告、警戒レベル4避難指示(緊急)を発令します。警戒レベル5災害発生情報は、既に災害が発生している状況です。
高齢者や避難に時間のかかる方は、警戒レベル3避難準備・高齢者等避難開始で避難をしてください。
なお、荒川氾濫が想定される場合は、警戒レベル3の前に自主的広域避難情報を発令しますので、上記の避難場所ではなく、浸水区域の外へ避難してください。

警戒レベルと避難情報の発令

赤

警戒レベル3 避難準備・高齢者等避難開始 高齢者等は危険な場所から避難

紫

警戒レベル4 避難勧告
避難指示(緊急)
(重ねて避難を促す場合)
全員が危険な場所から避難

黒

警戒レベル5 災害発生情報 すでに災害が発生している状況

事前の避難行動についてご確認ください

避難とは、難を避けることであり、避難場所に行くことだけが避難ではありません。ハザードマップを確認し、あらかじめ避難行動を確認することで、水害時に落ち着いて行動することができます。今一度、避難行動の確認をしてください。

避難行動の確認(荒川氾濫)

台東区水害ハザードマップを確認し、自宅が浸水するか確認します。自宅が浸水する場合、浸水が2週間以上継続します。台東から発令される自主的広域避難情報を参考に、早期の浸水区域外の避難をしてください。

荒川氾濫避難フロー図

避難行動の確認(神田川氾濫)

台東区神田川水害ハザードマップを確認し、自宅が浸水するか確認します。自宅が浸水する場合で、神田川氾濫の河岸侵食地域にお住まいの場合や自宅の2階以上に避難する場所がない場合は、避難情報を確認後、緊急避難場所に避難してください。自宅の2階で避難が可能な方は、在宅避難で十分に安全を確保できます。

避難行動の確認(内水氾濫)

台東区水害ハザードマップを確認し、自宅が浸水するか確認します。自宅が浸水する場合で、自宅の2階以上に避難する場所がない場合は、避難情報の発令を確認後、緊急避難場所に避難してください。自宅の2階で避難が可能な方は、在宅避難で十分に安全を確保できます。

神田川氾濫、内水氾濫避難フロー図

避難方法の確認(土砂災害)

台東区土砂災害ハザードマップを確認し、自宅が土砂災害警戒区域の場合、自宅が流出したり、土砂に埋まる可能性があります。避難情報の発令を確認後、緊急避難場所に避難してください。

土砂災害避難フロー図

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機・災害対策課
電話:03-5246-1092  ファクス:03-5246-1099
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る