このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

吉徳これくしょん(和書)

更新:2018年3月26日

株式会社吉徳
平成28年3月登載

 「吉徳これくしょん」は、正徳元年(1711)創業の株式会社吉徳が所有するコレクションです。人形・玩具のほか、絵画・文献など、多様な資料からなり、和書はそのうちの一部です。
 本コレクションは、人形業界の重鎮であるとともに、人形玩具研究の第一人者であった吉徳十世山田徳兵衛(1896〜1983)が、昭和初期から研究資料として収集した品々を母胎としています。資料は同氏の研究・執筆に活用され、『日本人形史』など多数の著書で紹介されてきました。
 昭和55年には、資料の保存と活用のため、社内に吉徳資料室が開設され、資料は「吉徳これくしょん」と命名されました。以後、次のような展覧会が開催されています。

  • 吉徳これくしょん展(東京・大丸百貨店、1981年)
  • 日本の人形展(名古屋・名鉄百貨店、1986年)
  • 日本の人形展(銀座三越、1991年)
  • 日本の人形展(日本橋三越、2001年)
  • 吉徳これくしょんの名品(日本橋三井記念美術館、2011年)
  • 日本の人形(銀座和光、2011年)

 また、主要な資料を紹介した書籍に、次のものがあります。
『吉徳これくしょん 雛人形・五月人形・羽子板』(東京堂出版、1983年)
『吉徳これくしょん 日本の人形』(東京堂出版、1985年)
『図説日本の人形史』(東京堂出版、1991年)
『日本の人形 吉徳これくしょん名品集』(吉徳資料室、2011年)
 平成26年には社屋新築を機に、展示室が設けられました。吉徳資料室は資料の保管・展示・貸出をおこない、各種レファレンスや資料調査に対応しています。
 本コレクションは、既に人形玩具研究の基本的な資料として公共の価値を有しており、今後も永く保存と活用が望まれる資料群です。
 今回台東区有形民俗文化財に登載された和書581件は、日本の人形・玩具に関して収集されたものであり、慶安4年(1651)刊・松永まつなが貞徳ていとく誹諧はいかい御傘ごさん』をはじめ、近世以降の版本・写本・活字本からなっています。


慶安4年(1651)『誹諧御傘』 雛の解説がみられる

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る