このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症に注意しましょう

更新:2018年5月17日

寒暖差が激しい季節です。急に暑くなったときは要注意、熱中症の予防はできていますか?

 熱中症は、暑い環境に体が十分に対応できないとき、体の中と外の熱のバランスが崩れることによって起こる様々な体の不調です。
従来は、多くは高温環境下での労働や屋外での活動で発生していましたが、最近は日常生活で増加しているといわれています。
 熱中症は、症状が重くなると後遺症が残ったり、生命に危険が及んだりすることもあります。適切な予防方法を知り、日ごろから実行することが大切です。

日常生活での予防方法

  • 炎天下や暑い場所での長時間の作業やスポーツは避けましょう。
  • 室内にいるときも風通しを良くして高温多湿を避けましょう。
  • のどが渇いたと感じる前に水分をこまめに取りましょう。
  • 体調を整えましょう。睡眠不足や風邪気味など体調の悪いときは、日中の外出や運動はほどほどに。
  • 通気性の良い服を着て、外出時には帽子や日傘を活用しましょう。

こんな日は特に注意!

  • 気温が高い日(気温30℃以上)
  • 湿度が高い日(湿度70から80%)
  • 風が弱い日
  • 日差しが強い日
  • 急に暑くなる日

こんな人は特に注意!

  • 高齢者
  • 幼児、小児
  • 肥満の人
  • 厚着をしている人
  • 普段から運動をしていない人
  • 病気の人、体調の悪い人

熱中症の症状

重症度 【低】

  • めまい、立ちくらみ や 顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 体のだるさや吐き気
  • 汗のかきかたがおかしい(ふいてもふいても汗がでる、全く汗をかかない等)
  • 体温が高い、皮ふの異常(皮ふが赤く乾いている等)

重症度 【高】

  • 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  • 水分補給ができない

※「反応が鈍い」「言動がおかしい」「意識がはっきりしない」・・・こういった場合は、下記の対処法を実行しながらすぐに救急車を呼びましょう。

すぐ出来る対処方法

  • 涼しい日陰やクーラーの効いた室内に移動しましょう。
  • 衣類をゆるめて休みましょう。
  • スポーツドリンク等(あまり冷えすぎていないもの)を少しずつ何回かに分けて飲みましょう。

※症状が回復しても、「もう大丈夫」と無理をしないようにしましょう。
※しばらくは周りの方が様子を見てあげてください。

台東区は熱中症予防キャンペーンに参加しています!

台東区は、2015年から引き続き今年も夏季の熱中症予防キャンペーンに様々な自治体とともに参加しています。
地域活動やスポーツをされる皆さんに、ポスターや啓発物品の配布を通じて、熱中症の予防を呼びかけます。
日本気象協会のホームページでは普段の生活で気を付けたいこと、毎日の熱中症危険度など、参考になる情報を提供しています。是非ご覧ください。
<日本気象協会 熱中症ゼロへ ホームページ>
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.netsuzero.jp/(外部サイト)

昨年の啓発活動の様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課健康推進担当
電話:03-3847-9406

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る