このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

紙おむつの支給

更新:2020年9月16日

事業案内

紙おむつを必要としている高齢者およびその家族の経済的、精神的負担を軽減するため、紙おむつを支給します。

対象となる方

・台東区内に住所を有し、紙おむつ等を必要とし使用している次の(1)、(2)のいずれかの方

(1)介護保険で要支援1以上に認定されている方(要介護認定されている65歳未満の方含む)
(2)65歳以上で病院に入院している方

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設(老健)・介護医療院・介護療養型医療施設に入所している方、生活保護を受給している方は対象外です。

※各申請(新規・変更・補助券請求・おむつ代請求)を受付する際に、受給者を介護保険被保険者証で確認いたしますので、ご持参いただきますようお願いします。

新規申請方法等(紙おむつ等の支給を受けるには)

(1)受給者の介護保険被保険者証を持参して、高齢福祉課またはお近くの地域包括支援センターで手続きをしてください。(各地域包括支援センターのご案内はこちら)
(2)配送・購入補助券・おむつ代のいずれの場合も、申請日の翌月分から給付開始となります。
(3)当月分および月を遡っての申請はできません。
 ※継続して受給している購入補助券については、申請月から給付が可能です。
 ※変更申請についても、申請日の翌月分から対象となります。(中段の変更申請方法を参照)。
 

支給量と支給方法(給付種別)

要介護度によって、支給量・給付方法が異なります。また、65歳以上で、要介護認定を受けられていない方が病院に入院している場合は、5,000円相当の支給量となり、おむつ代または自宅配送より給付種別の選択が可能です。なお、退院した場合は、廃止となります。
※自宅配送の方は、紙おむつの使用量により、支給回数を調整します。

介護度 支給量(1ヶ月) 支給方法 一部負担

要支援1・2

3000円相当

自宅配送

(既定の配送コースから選択)

所得に応じ
一部負担金あり

要介護1・2

5000円相当

自宅配送

(既定の配送コースから選択)

所得に応じ
一部負担金あり

要介護3〜5 7000円相当

  自宅配送

(既定の配送コースから選択)

 または 購入補助券

所得に応じ
一部負担金あり

〇令和2年10月から、購入補助券の有効期間が3か月から「6か月」へ延長となりました。
〇紙おむつ購入補助券の前倒し受付をモデル的に実施します。(従前:10月1日)
 令和2年9月23日(水曜日)から、「区役所高齢福祉課(6)番窓口」で紙おむつ購入補助券の受付を行います。
※各地域包括支援センターでの受付は、従前どおり10月1日(木曜日)以降ですので、ご注意ください。

【病院・有料老人ホームへ入院・入所した場合】

病院・有料老人ホームに入院・入所をした場合は、紙おむつ代の補助が受けられます。

〇令和2年10月から、病院・有料老人ホームでの紙おむつの持ち込み状況に関わらず、「紙おむつ代」を選択可能となりました。

支 給 金 額 

要介護度に関わらず、1ヶ月5,000円を上限とした紙おむつ代の補助

病院または有料老人ホーム内で購入した紙おむつが対象となります。病院または有料老人ホーム発行の領収書にて紙おむつ代の確認をおこないます。また自宅配送と同月に併用して給付を受けることはできません。

※要介護認定がなく、有料老人ホーム入所している方は対象外です。

※購入補助券を受領されている方は、対象月の購入補助券を返却していただきます。

費用負担

所得状況により支給量1割分の負担金がかかります。
自宅配送時または購入補助券利用時にお支払ください。

変更申請方法(入退院・介護度の変化・配送コースの変更等がある場合には)

病院への入退院、支給量の変更に関わる介護度の変化、施設への入退所、配送の停止・再開、給付種別の変更(転院時を含む)、おむつ使用量の増減、配送先の変更等がある場合には変更申請を行う必要があります。
(1)受給者の介護保険被保険者証を持参して、高齢福祉課または各地域包括支援センターで手続きをしてください。
(2)変更申請いただいた内容は、全て申請日の翌月分からの適用となります。
(3)当月分および月を遡っての申請はできません。
 ※必要な変更申請を行わないと、給付を受けられないことがありますので、ご注意ください。

おむつ代補助の請求方法

おむつ代を請求できる方は、事前におむつ代支給として申請されている方(おむつの持込みができない病院・有料老人ホームに入院・入所していて、区へ入院・入所として申請・変更手続きを行っている方)に限ります。
(1)おむつ代の請求時は、受給者の預金通帳(初回請求時のみ)、受給者の印鑑(スタンプ印不可)、病院発行のおむつ代金額がわかる受給者宛の領収書、介護保険被保険者証等の受給者の身分確認書類を持参してください。
(2)おむつ代の請求期限は、支給対象となるおむつ代が生じてから2年以内となります。
(3)おむつ代の支払いは年4回(3月末・6月末・9月末・12月末)です。
(4)おむつ代は、受給者ご本人名義の口座への振込となります。
 ※受給者が亡くなった場合は、別途お問い合わせください。

紙おむつ受給資格の喪失について

次の場合は、紙おむつの受給資格はなくなります。
(1) 介護認定を受けていない方が、退院により在宅となった場合
(2) 介護保険の認定有効期間が切れた場合(入院中を除く)
 ※一度認定有効期間が切れた場合は、新たに介護認定の申請をしていても、認定結果が出るまで紙おむつの申請はできませんので、ご注意ください。
(3) 介護保険の認定結果が非該当になった場合(入院中を除く)
(4) 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設(老健)・介護医療院・介護療養型医療施設に入所した場合、生活保護を受けた場合
(5)1年以上受給資格が停止になっている場合(おむつが必要になった場合は、再度申請の手続きが必要です)

よくある質問

紙おむつ支給についてのよくある質問はこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢福祉課担当(給付)
電話:03-5246-1222  ファクス:03-5246-1179
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る