このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

11月は「児童虐待防止推進月間」です

更新:2020年11月1日

オレンジリボンキャンペーンとは

 オレンジリボンは「子どもの虐待防止」のシンボルマークです。
 オレンジリボンを広めることで、一人でも多くの方々に「児童虐待防止」に関心を持ってもらい、子どもたちの笑顔を守るために一人ひとりに何が出来るのかを呼びかけていく活動が「オレンジリボンキャンペーン」です。
 11月の「児童虐待防止推進月間」を中心に、国や地方自治体、NPO法人だけでなく、民間企業やスポーツ団体等の協力も得ながら、様々な児童虐待防止の啓発のためのキャンペーンやイベントを展開しています。

オレンジリボンの詳細はコチラ↓

オレンジリボン・ツリーを展示しています。

「児童虐待防止」や「子どもたちの健やかな成長」を願うメッセージがオレンジリボン・ツリーに飾ってあります。
オレンジリボンツリーは、各センターで皆さんから寄せられたメッセージで作りました。

(展示日時・場所)
11月 2日(月曜日) 〜13日(金曜日)区役所1階
11月17日(火曜日)〜28日(土曜日)生涯学習センター1階アトリウム

子どもたちへの想いをメッセージにしました!

体罰等によらない子育てを広げよう!

しつけと体罰は違います

しつけとは、子どもの人格や才能等を伸ばし、自律した社会生活を送れるようにサポートしていくことです。そのためには、体罰ではなく、どうすればよいのかを言葉や見本を示すなど、子どもが理解できる方法で伝える必要があります。

こんなことしていませんか

「何度も言葉で注意したけど言うことを聞かないので、頬を叩いた」「いたずらをしたので、長時間正座をさせた」「宿題をしなかったので夕食を与えなかった」 → 全て体罰です。

体罰は百害あって一利なし。子どもに望ましい影響などはもたらしません

親による体罰を受けた子どもと、受けていない子どもの違いについて分析した結果、親による体罰を受けた子どもは、「望ましくない影響」(親子関係の悪化、精神的な問題の発生、反社会的な行動の増加、攻撃性の増加など)が大きいということが報告されています。

「愛のムチ」ゼロ作戦の詳細はコチラ↓

「体罰などによらない子育て」の詳細はコチラ↓


体罰はバツ

0〜18歳未満までの児童の虐待に関する相談

児童虐待を受けたと思われる児童を発見したら、すべての人に通告義務があります。
台東区では地域のネットワークで虐待を防ぐための支援をしています。「おやっ!」と思ったら、ひとりで悩まないで、相談機関に心配な思いを伝えましょう。
あなたの一言が子供と親を救うきっかけになります。
*相談・通告した人が特定されないように、秘密は守られます。

虐待に関する相談
場所 実施日 時間 電話
日本堤子ども家庭支援センター 月曜日〜土曜日 午前9時〜午後5時 03-5824-2571
24時間受付電話 通年 24時間 03‐3875-1889
児童相談センター 月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時45分 03-5937-2314
児童相談センター 夜間・休日
緊急連絡
平日夜間午後5時45分〜翌朝午前8時30分
土日祝日・年末年始
03-5937-2330
児童相談所全国共通ダイヤル 通年 24時間 189(いち早く)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども家庭支援センター相談担当
電話:03-5824-2571  ファクス:03-3873-2617
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る