このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

消費生活サポーターを紹介します 29年度の活動報告

更新:2018年3月19日

消費生活サポーターって?

悪質商法をはじめとする様々な消費者被害を未然に防止するため、区民の方々に対する啓発活動を区と一緒に行っていただく方のことです。

29年度は16名の方がサポーターとして活動しました。30年度は第三期生9名が加わり、活動していきます。

消費生活サポーターになるには?

区が主催する「消費生活サポーター養成講座」を受講後、(一財)日本消費者協会の「消費者力検定」を受験していただきます。
検定で3級以上なった方がサポーターとして登録することができます。

「消費生活サポーター養成講座」ではどんなことを勉強するの?

「契約」「悪質商法」「衣食住に関する知識」「サービス」「生活と家計管理」「環境」など、
消費生活に関わる基礎知識を9回の講座で学びます。検定後、3級以上になった方を対象に啓発活動の仕方についても学びます。 

活動内容

29年度のサポーターの活動内容をご紹介します。

啓発活動

おしかけ出前講座

各地域で行われた「ふれあい介護予防教室」や老人施設などにおじゃまし、出前講座を行いました。
講座では、消費生活センターの紹介、訪問購入のトラブル事例などを寸劇等を交えて説明しました。
また、サポーターが考えた「おことわり」の言葉を使った消費者心構えの標語を披露し、みなさんに一緒に読んでいただきました。

消費生活展

10月に区役所10階で行われた「台東区消費生活展」では、ブースを設置し、サポーターのPRを行いました。
会場内のイベントコーナーで消費者クイズ大会を行い、消費生活に関するクイズを出題しました。予想を上回る全問正解者に最後はジャンケン大会になるなど、大いに盛り上がりました。

サポーターが考えた消費者心構え標語「おことわり」

うまい話やあまい言葉で勧誘されても
あやしい契約やよくわからない契約はきっぱり断りましょう

学習活動

フォローアップ講座

消費者としての知識を深めるため、区が主催する講座にて学びました。

  • 「はかるとは 計量器調査に向けて」
  • 「消費者相談の現状」
  • 「かしこい食品の選び方 食品表示」
  • 「高齢者の見守り」など

29年度の活動を終えて サポーターの感想

  • 無理のない範囲で月1回ぐらいのペースで活動することができた。活動したなかで、生活展はいろいろなブースがあって自分の勉強にもなった。野菜が買えたりして楽しかった。(60代女性)
  • いろんな人と知り合うことができた。人前で話すことなど、家にいてはできない体験ができた。よい勉強になったし、楽しかった。(70代女性)
  • 自分の認知症予防としても活動している。活動は無理なくできた。(60代女性)
  • 午後の時間の参加はなかなかむずかしいかった。サポーターがみんな芸達者なのには驚いた(30代女性)
  • フォローアップ講座も勉強になった。時間の合うなかで活動ができたし、サポーターの人数が増えたので楽しかった。(60代男性)

今後も、消費生活サポーターは新たな活動を加え、地域での啓発活動を行っていきます。
消費生活に興味関心のある方、一緒に活動しませんか。ご興味のある方は下記までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

くらしの相談課消費者担当
電話:03-5246-1144

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る