このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

病院などの窓口で(療養の給付)

更新:2014年7月23日

療養の給付

病院などの窓口で保険証を提出すると、窓口負担(一部負担金)は次のようになります。残りは国保が負担します。

 
  自己負担割合
(外来)
自己負担割合
(入院)
義務教育就学前 2割 2割
義務教育就学から70歳未満 3割 3割
70歳以上75歳未満
現役並み所得者(脚注2)
3割 3割
 
70歳以上75歳未満
一般
2割(1割) (脚注1) 2割(1割) (脚注1)
70歳以上75歳未満
住民税非課税世帯
低所得2(脚注3)
70歳以上75歳未満
住民税非課税世帯
低所得1(脚注4)

75歳以上の方は、後期高齢者医療制度で医療を受けます。
※脚注1  誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割、昭和19年4月2日以降の方は2割となります。
※脚注2 同一世帯の国保被保険者に一定の所得以上(課税所得が145万円以上)の70歳から74歳の方がいる方。ただし、70歳から74歳の方の収入の合計が一定額未満(70歳から74歳の方が一人の世帯の場合:年収383万円未満、70歳から74歳の方が二人以上の世帯の場合:年収520万円未満)である旨申請があった場合を除きます。
※脚注3 同一世帯の世帯主と国保被保険者全員が住民税非課税の方。
※脚注4 同一世帯の世帯主と国保被保険者全員が住民税非課税で、世帯員の所得が一定基準に満たない方。

  • 療養費の支給にかかる自己負担割合も同じです。(療養費については、こちらをご覧ください。
  • 上の表は法令による制度であり、義務教育終了前の子どもについては都・区の制度により乳幼児医療助成および義務教育就学児医療助成がありますので、都内医療機関での受診についてはこれまでどおり自己負担はありません。

お問い合わせ

国民健康保険課給付係
電話:03-5246-1253  ファクス:03-5246-1229
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る