このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

住民税のあらまし4 事業者の方へ

更新:2019年9月13日

1.個人住民税(特別区民税・都民税)の特別徴収推進について 


個人住民税PRキャラクター ぜいきりん

 東京都と都内62区市町村は、納税者の利便性の向上と安定した財源の確保を図るため、個人住民税(特別区民税・都民税)の特別徴収の推進に取り組んでいます。
 平成29年度から、原則として事業主(給与支払者)の皆様を特別徴収義務者に指定し、従業員(納税義務者)の給与所得に係る個人住民税を特別徴収で納入することになっています。

(1)個人住民税の特別徴収

 事業主(給与支払者)が、従業員(納税義務者)の個人住民税を給与から差し引き、区へ納入する方法です。

(2)特別徴収を行う事業主

 所得税の源泉徴収義務のある事業主は、特別徴収義務者として、従業員の個人住民税を特別徴収することが義務付けられています。

(3)特別徴収の対象となる従業員

1 4月1日の時点で、前年から引き続き給与の支払を受ける従業員
2 上記1に該当するパートやアルバイト、会社役員を含む全ての従業員
※下記リンク「給与支払報告書(総括表・個人別明細書)」の中にある「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」の基準に該当する従業員がいる場合、本理由書の基準欄に人数を記入し、かつどの従業員かを明示して提出することにより、普通徴収となります。

(4)課税自治体

 従業員がその年の1月1日現在に住民登録している区へ、事業主が給与支払報告書を提出し、その区で課税されます。年の途中でその方が転出しても、納入先は変わりません。

(5)特別徴収の時期

 1月末までに区へ提出いただく給与支払報告書、およびその他の課税資料をもとに、5月中旬頃に区が住民税の賦課決定を行い、税額通知書を事業主へ発送します。 
 これに従い、事業主が6月から5月までの年12回に分けて納めます。納期限は徴収月の翌月10日です。

(6)個人住民税の普通徴収

 納税義務者本人が、納付書や口座振替の方法により自分で個人住民税を区で納付する方法です。ただし、給与所得に係るものについては、「普通徴収切替理由書(兼仕切書)」の普通徴収を認める基準に該当しなければ、事業者や従業員の希望により普通徴収とすることは原則としてできません。

普通徴収を認める基準

・普A 総従業員数が2人以下
(「総従業員数」とは、他の区市町村分を含む事業所全体の従業員数から、以下の普B〜普Fの理由に該当して普通徴収とする対象者を除いた従業員数を指します。)
・普B 他の事業所で特別徴収
・普C 給与が少なく税額が引けない
・普D 給与の支払が不定期(例:給与の支払が毎月でない。)
・普E 事業専従者(個人事業主のみ対象)
・普F 退職者又は退職予定者(5月末日まで)及び休職者

(7)特別徴収に係る各種様式(申請書ダウンロード)

(8)特別徴収に関する外部サイト

2.給与支払報告書等の申告は便利な「eLTAX」(地方税電子申告システム)をご利用ください

eLTAX(エルタックス)とは、地方公共団体が共同で運営するインターネットを利用した地方税の電子申告システムです。
 台東区では、給与支払者(特別徴収義務者)の皆様の申告事務の軽減を図るために、平成23年12月19日からeLTAX(エルタックス)による給与支払報告書等の電子申告受付を開始しています。
 申告の際には、便利なeLTAX(エルタックス)をどうぞご利用ください。

(1)eLTAXのメリット

・自宅やオフィスのパソコンからインターネットを通じて手続きができます。
・複数の地方公共団体への申告がまとめて一度に送信できます。
・無償のeLTAX対応ソフトウェア(PCdesk)や、市販の税務・会計ソフト(eLTAX対応のソフトウェアに限る)で申告書の作成ができます。

(2)ご利用できる電子申告

1 電子申告

・給与支払報告
・給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出
・普通徴収から特別徴収への切替申請
・退職所得に係る納入申告及び特別徴収票または特別徴収税額納入内訳届出

2 電子申請・届出

・特別徴収義務者の所在地・名称変更届出

(3)ご利用になるまでの準備

eLTAXをご利用いただくためには、事前に以下のものをご用意ください。
・インターネットに接続できるパソコ・e-mailアドレス(携帯電話のメールアドレスは利用できません)
・電子証明書
詳しくは 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。eLTAXホームページ(外部サイト)でご確認ください。

(4)ご利用の流れ

1 利用届出を行います

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。eLTAXホームページ(外部サイト)から利用届出(新規)を行い、利用者IDを取得してください。

2 「手続き完了通知」を受け取ります

 数日後、利用届出(新規)の受付完了通知メールがe-mailアドレスに届き、有効となった利用者IDと仮暗証番号が交付されます。

3 eLTAX対応ソフトウェアを取得します

 申告書等の作成・送信は、PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから行います。eLTAX対応ソフトウェアを取得してください。PCdeskは 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。eLTAXホームページ(外部サイト)からダウンロード可能です。

4 暗証番号を変更します

 PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアからeLTAXへログインし、仮暗証番号を変更してください。仮暗証番号には有効期限が設定されていますので、ご注意ください。

5 電子申告を行います

 PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから申告書を作成・送信してください。複数の提出先へ電子申告する場合は、利用届出(変更)を行って提出先を追加できます。
 ※ 既にeLTAXを利用している場合も、最新の情報が反映されたPCdeskへバージョンアップし、利用届出(変更)を行って台東区を提出先として追加する必要があります。
 詳しくは 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。eLTAXホームページ(外部サイト)でご確認ください。

(5)eLTAXに関するお問い合わせ

eLTAXヘルプデスク
電話 : 0570-081459(IP電話やPHSなどをご利用の場合は03-5765-7234)
受付時間 : 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後9時まで
休業日 : 土曜日・日曜日・祝祭日、年末年始(12/29〜1/3)

3.給与支払報告書・公的年金等支払報告書の電子データによる提出の義務化について

 平成26年1月1日以降に提出する給与支払報告書又は公的年金等支払報告書については、基準年(前々年)における給与又は公的年金等の源泉徴収票の税務署への提出枚数が1,000枚以上であるときは、eLTAX又は光ディスク等による提出が義務化されます。

住民税のあらまし(他の項目)

お問い合わせ

税務課課税係
電話:03-5246-1103  ファクス:03-5246-1119
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る