このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税(種別割)のあらまし

更新:2020年4月1日

軽自動車税とは

原動機付自転車、軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車(以下「軽自動車等」という)を所有する方にかかる税です。

令和元年10月1日より、軽自動車税の環境性能割が新たに創設され、これまでの軽自動車税が軽自動車税(種別割)に名称が変わりましたが、手続きや税率(税額)は変更されません。

ここでは、軽自動車税(種別割)について、紹介します。

 毎年4月1日(賦課期日)現在、区内に定置場がある軽自動車等が課税の対象となります。
 定置場とは、軽自動車等を主に駐車しておく場所のことです。

自動車税(660ccを超える自動車)は…

 自動車の主たる定置場所在の都道府県において所有者に課税されます。
 納税証明は都税事務所、自動車税事務所で発行します。

 お問い合わせ  東京都自動車税コールセンター  電話:03-3525-4066
   

軽自動車税(種別割)の税額

原動機付自転車、小型特殊自動車及び二輪車等

車種区分 税率(年額)
原動機付自転車 50cc以下 又は
定格出力が0.6kw以下のもの
2,000円
50ccを超え90cc以下 又は
定格出力が0.6kwを超え0.8kw以下のもの
2,000円
90ccを超え125cc以下 又は
定格出力が0.8kwを超え1kw以下のもの
2,400円
ミニカー 3,700円
二輪の軽自動車 125ccを超え250cc以下のもの 又は
トレーラー等の被けん引車
3,600円
二輪の小型自動車 250ccを超えるもの 6,000円
小型特殊自動車 フォークリフト等 5,900円

フォークリフト等は公道を走行せず構内のみで使用される車両であっても、道路運送車両法施行規則別表第一の基準に該当する場合、軽自動車税(種別割)の課税対象となります。所有している場合は必ず申告をしてナンバープレートの交付を受けてください。

四輪以上及び三輪の軽自動車

車種区分 税率(年額)
(1)従前税率 (2)本則税率 (3)重課税率
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用
(特種)
自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円

(1)従前税率は(3)の重課税率に該当する場合を除き、平成27年3月31日以前に最初の車両番号の指定を受けた(新規検査を受けた)車両に適用されます。
(2)本則税率は平成27年4月1日以降に最初の車両番号の指定を受けた(新規検査を受けた)車両。新規検査から13年経過するまで適用されます。
(3)重課税率は最初の車両番号の指定を受けた(新規検査を受けた)ときから13年経過した車両について14年経過した月の属する年度から適用されます。
(動力源又は内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノールの軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車は重課の対象となりません。)

最初の車両番号の指定を受けた年月は自動車検査証(車検証)の初度検査年月で確認ができます。

軽課(グリーン化特例)

三輪及び四輪の軽自動車のうち、燃費性能に優れ、環境負荷が少ない車両に対して、軽課の税額が適用されます。
軽課の対象となるのは、平成31年4月1日から令和2年3月31日までに最初の車両番号の指定を受けた(新規検査を受けた)車両で排出ガス基準と燃費基準を達成している車両です。軽課が適用されるのは令和2年度の1年分です。

車種区分 税率(年額)
本則税率 (1)本則の
概ね75%軽減
(2)本則の
概ね50%軽減
(3)本則の
概ね25%軽減
三輪 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
貨物用
(特種)
自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 3,800円 1,000円 1,900円 2,900円

(1)電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成21年度排出ガス規制に適合し、かつ平成21年度排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ない車両。又は平成30年排出ガス規制適合車)
(2)乗用の場合、平成17年排出ガス基準75%低減達成又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ令和2年度燃費基準+30%達成車両
   貨物用の場合、平成17年排出ガス基準75%低減達成又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ平成27年度燃費基準+35%達成車両
(3)乗用の場合、平成17年排出ガス基準75%低減達成又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ令和2年度燃費基準+10%達成車両
   貨物用の場合、平成17年排出ガス基準75%低減達成又は平成30年排出ガス基準50%低減達成かつ平成27年度燃費基準+15%達成車両
※車検証上の「平成32年度燃費基準」は、「令和2年度燃費基準」と同様の扱いとします。
排出ガス基準については自動車検査証(車検証)の型式の先頭、一桁目がD、H、Rであれば平成17年基準75%低減達成、一桁目が5、6は平成30年基準50%低減を達成している車両となります。
(車検証見本の2の部分)
燃費性能については、自動車検査証(車検証)の備考欄で確認できます。(車検証見本の3の部分)

車検証の見本です。初度検査年月、排出ガス基準、燃費基準を確認できます

納税方法

 毎年5月上旬に「軽自動車税(種別割)納税通知書」をお送りします。納期限は5月末です。
 軽自動車税(種別割)は月割課税制度がありません。年度の途中で譲渡や廃棄をしてもその年度の税金は納めていただくことになります。そのため、年度の途中で取得してもその年度は課税されません。

お問い合わせ

税務課税務係
電話:03-5246-1101  ファクス:03-5246-1119
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

tbc2031

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る