このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展関連企画 第1弾 浮世絵を塗ってみよう!(1)

更新:2020年9月18日

台東区立中央図書館で所蔵している浮世絵を書き起こして、ぬりえを作りました。
当時の景色に思いを馳せながら、好きな色で塗ってみてください。

第1弾(1)江戸名所尽 金龍山浅草寺雷神門之図

資料名:江戸名所尽 金龍山浅草寺雷神門之図
作者名:渓斎英泉/画
成立年月日:江戸時代後期
資料ID:2015_u_001

ぬりえのダウンロード

作者や雷門についてご紹介

 作者の渓斎英泉は江戸時代末期の浮世絵師です。若くして狩野白珪斎に師事し、のちに菊川英山の門人となりました。美人大首絵を中心とする美人画を多く描いたほか、風景画なども手がけています。天保期には歌川広重とともに『木曽海道六拾九次』シリーズを描きました 。
 雷門は浅草寺の総門であり、天慶5年(942)に武蔵守 平公雅により創建され、当初は駒形付近にありました。鎌倉時代以降に現在の地に移築され、その際に風神・雷神が安置されたと言われています。慶応元年(1865)12月、浅草田原町の火災で類焼し、昭和35年(1960)に再建されるまで、様々な仮設門が造られました。

渓斎英泉について調べてみたい!

英泉について知りたい・栄泉の浮世絵を見たい方
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:名品揃物浮世絵7   著者等:日本浮世絵協会/編   出版社:山田書院(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:江戸の人気浮世絵師   著者等:内藤正人   出版社:幻冬舎(外部サイト)
英泉を題材にした小説を読みたい方
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:絵師の魂 渓斎英泉   著者等:増田晶文   出版社:草思社 (外部サイト)

雷門について調べてみたい!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:図説浅草寺:あさくさかんのん   著者等:浅草寺/編   出版社:金龍山浅草寺(外部サイト)
※ご紹介している資料は一例です。

第1弾(2)江戸名所四十八景 十八 新よし原

資料名:江戸名所四十八景 十八 新よし原
作者名:歌川広重(二代)/画
成立年月日:万延元年(1860)頃
資料ID:2016_u_021

ぬりえのダウンロード

作者や新吉原についてご紹介

二代広重は弘化の頃、初代広重に入門、初めは重宣と名乗りました。初代没後、広重の養女と結婚し、安政6年頃(1858)に二代 一立斎広重と改めました。慶応元年(1865)に離縁した後は歌川の家を出て、喜斎立祥と号しました。新橋滝山町に住んでいましたが、まもなく横浜へ移り住み、横浜絵や輸出用茶箱に添付する版画を手掛けました。
 新吉原は浅草北部にあった遊郭です。当初、日本橋葺屋町の東側に開設しましたが、明暦2年(1656)に移転を命じられ、翌年の明暦の大火後、浅草千束村へ移りました。移転以前を元吉原、以後を新吉原と呼びます。日本堤から衣紋坂を通り、堤から遊郭が見えないように曲がった五十間道を経て、大門をくぐって新吉原へ入ります。中央の大通り「仲之町」には、春には桜を、秋には紅葉を移植しました。

歌川広重(二代)を調べたい!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:歌川広重  著者等:歌川広重/画  出版社:河出書房新社(外部サイト)

新吉原を調べたい!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:吉原風俗資料   著者等:蘇武緑郎   出版社:永田社(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:浮世絵に見る江戸の暮らし 著者等:橋本澄子・高橋雅夫/編  出版社:河出書房新社(外部サイト)
吉原についてのパスファインダー(PDF:411KB)
※ご紹介しているのは一例です。
※吉原関係資料は郷土・資料調査室に「吉原関係資料」の別置コーナーを設けています。

第1弾(3)東都三十六景 上野満花之詠

資料名:東都三十六景 上野満花之詠
作者名:歌川広重(二代)/画
成立年月日:文久2年(1862)頃
資料ID:2013_u_020

ぬりえのダウンロード

寛永寺や東都三十六景 上野満花之詠についてご紹介

 寛永寺は京都の比叡山延暦寺を模した天台宗の寺院で、寛永2年(1625)に慈眼大師天海大僧正によって建立されました。現在の上野公園一帯が寺域であり、最盛期には約30万5千坪にも及んでいました。また奈良の吉野山からヤマザクラの苗木を取り寄せ、上野の山を桜の名所としました。
 上野満花之詠は寛永寺の鐘楼と文珠楼を描いています。「花見連」と呼ばれた揃いの文様の傘や衣装をまとい花見をする集団が輪になって踊っています。寛永寺を訪れる人々は花見と同時に寺院参拝も目的としていました。境内には門限があり、現代とは異なり上野での夜桜見物はできませんでした。

寛永寺について調べたい!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:上野寛永寺   著者等:須賀一   出版社:国書刊行会(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資料名:上野寛永寺将軍家の葬儀   著者等:浦井正明   出版社:吉川弘文館(外部サイト)
※ご紹介しているのは一例です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

中央図書館
電話:03-5246-5911

本文ここまで


台東区立図書館

Copyright © Taito City Library. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る