このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

中央アジア・コーカサスなど外交官等11名に浅草視察ツアーを実施しました!

更新:2018年10月19日

 10月18日(木曜日)、中央アジア・コーカサスなど(※1)の外交官等11名が浅草を来訪しました。今回の来訪は、外務省が中央アジア・コーカサスなどから中堅・若手外交官等を招へいし、政府・企業関係者及び有識者との意見交換や経済・文化施設の見学、地方訪問などを通じて交流の深化を図っている事業に区が協力したものです。
 30年度のテーマは≪観光≫ということで、浅草文化観光センターの大会議室において、区が推進している取り組みであるインバウンド施策の説明をした後、東京SGGクラブ(※2)の会員が、浅草界隈(雷門→仲見世→宝蔵門→本堂→浅草神社)を3グループに分かれて案内しました。
 その後、ハラール対応メニューを提供するレストラン「和食 折紙 浅草」(※3)(台東区花川戸1丁目2番8号)で昼食をとりました。
 浅草視察ツアーに参加したキルギス共和国のアブドゥラ・ウウル・アブディスハン氏は「キルギスにもイスラム教の方が多く訪れるが、観光客がハラールフードを提供するレストランやお祈りの場所を探すのが難しく、それらが掲載されているムスリムマップがあることに一番驚いた」、ジョージアのレヴァン・マチャヴァリアニ氏は「観光案内板に記号と英語が併記されているのでわかりやすく参考になった。」という感想を述べていました。
 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、今後さらに外国人観光客の増加が予想されます。区では、今後も様々な機会を通して国際交流を進めてまいります。


食事を楽しむ外交官等

※1 中央アジア・コーカサス
ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ

※2 東京SGGクラブ
東京を訪れる外国人観光客を外国語でご案内するボランティア活動団体

※3 和食 折紙 浅草
宗教法人日本ムスリム協会発行「ムスリムフレンドリー」認定や「ハラール認証」を取得している浅草の和食レストラン

お問い合わせ

国際・都市交流推進室都市交流課
電話:03-5246-1193

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年10月

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る