このページの先頭です
このページの本文へ移動

仲町通り道路利活用(しのばずナイトテラス)の 取組みについて

ページID:711679308

更新日:2022年7月1日

目的

これまで、池之端仲町商店会と上野二丁目仲町通り商店会では、「※テイクアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準の緩和措置」を活用し、安心して過ごせる屋外空間と魅力あるまちの賑わい拠点づくりのための活動を行ってきました。

また、台東区では、「上野地区まちづくりビジョン」を策定し、仲町通りのある「杜まち」の取組みの方向性として、「杜とまちを自由に行き交うことができる、ひと中心の空間活用と歩行者ネットワーク強化による回遊性向上」を示しています。

今回の実験は、「上野地区まちづくりビジョン」の目指すまちづくりに資するものであり、今後の道路利活用のあり方を探ることを目的としています。

※「テイクアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準の緩和措置」とは
国土交通省が新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店等を支援するための緊急措置として、道路上にテイクアウトやテラス営業などの路上利用に伴う道路占用許可の基準を緩和しました。

実施内容

沿道店舗が日常的に、テラス席等を軒先に設置することで、にぎわいを創出します。

開催日時

期間:令和4年8月1日から8月31日

時間:車両が進入禁止となる時間帯(17時以降から翌6時まで)で協力店舗の閉店時間まで

開催場所

仲町通り(特別区道下第102号線)と吹貫横丁(特別区道下第103号線)の一部

実施主体

池之端仲町商店会
上野二丁目仲町通り商店会

取組みの詳細は、上記実施主体のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

協力主体

東京大学
筑波大学
都市計画設計研究所

お問い合わせ

地域整備第一課担当

電話:03-5246-1368

ファクス:03-5246-1359

本文ここまで

サブナビゲーションここまで