このページの先頭です
このページの本文へ移動

10月21日~22日上野駅東西自由通路(パンダ橋)の新たな過ごし方・使い方の実験を行いました

ページID:893464030

更新日:2023年10月24日

パンダ橋でくつろぐ・たのしむ特別な2日間「パンダバシマルシェ」

開催概要

令和5年10月21日~22日、主に歩行空間として利用されているパンダ橋の積極的な活用を検討するための実証実験として、JR東日本主催、台東区・株式会社JR東日本クロスステーション共催によるイベント「パンダバシマルシェ」を開催しました。

- - - - - - - - - - - - - -  以下 開催内容 - - - - - - - - - - - - - - -

区内事業者、地元岩倉高校と連携した物販・飲食や、あそびばづくりなど多数のイベントをおたのしみいただけます。
いつもの「パンダ橋」で新たな日常をぜひご体験ください!

日 時

令和5年10月21日(土曜日)、22日(日曜日)
各日:午前10時から午後6時まで / 雨天決行(荒天時は中止)

場 所

パンダ橋(JR上野駅入谷改札 パンダ橋口 直結)

取組みの背景、実証実験のねらい

台東区では、「上野地区まちづくりビジョン(令和2年3月策定)」に基づき、上野恩賜公園周辺(杜)とその周辺区域(まち)の回遊性を高め、広域連携の向上を図る取組みを進めています。
そのなかで、パンダ橋は、杜とまちの結節点に位置することから、杜とまちをつなぐ新たな拠点としての役割が期待されます。
本活用実験は、「居心地の良い新たな過ごし方の試行」、「パンダ橋の個性と上野らしさをあわせた使い方の試行」を通して、今後のパンダ橋の方向性を検討するものです。

注目ポイント1:パブリックスペース等を活用した新たな過ごし方や使い方を体験

風景
昨年度の実証実験風景

 居心地の良いパンダ橋をめざして、新たな過ごし方や使い方による実証実験を実施します。
(活用例)・人工芝やプランター&はなの配置(くつろげる空間づくり)
     ・あびそびば(地元岩倉高校による千羽鶴づくりやヨーヨー釣り)

注目ポイント2:「循環型ライフスタイルへの転換」を発信

出店者一覧


--------------【10月21日(土曜日)・10月22日(日曜日)出店】--------------
■縁の木
○時間 : 各日 午前10時から午後6時
○内容 : 台東区でこれまで処分されていた資源を生かし、サーキュラーエコノミープロジェクト「KURAMAEモデル」を運営、地域での持続可能な循環に取り組んでいます。鶯谷の蜂蜜&たいとう福祉作業所のミントのモヒートや小菓子の他、新鮮さと優しさにこだわった珈琲とKURAMAEモデルでうまれた雑貨を販売します。

■浅草みらいど
○時間 : 各日 午前10時から午後6時
○内容 : 浅草みらいどは台東区のハンディキャップのある方たちが、“だれでも何度でもチャレンジができる場所”をコンセプトに日々色々なチャレンジをする場所です!今回は縁の木と共に、蔵前WHITEなどアルコールの販売やご紹介を行います。KURAMAEモデルではドリップパック作成やたい肥製造など、さまざまな形で関わっています。

■鶯谷ハニーラボ
○時間 : 各日 午前10時から午後6時
○内容 : 鶯谷ハニーラボは、「養蜂を通じて、人とまちと自然の再接続を企てる」をスローガンに2021年4月から活動を開始。鶯谷の2つのビルの屋上から、ミツバチと共にまちの魅力向上や人とまちと自然が今よりももっといい関係になれるよう、たくさんの仕掛けを企てていきます。鶯谷で採れたハチミツを販売します。

■田心カフェ
○時間 : 各日 午前10時から午後6時
○内容 : 田心カフェでは、新鮮・安心・安全な農薬不使用・減農薬の野菜販売や食事を通して、地域のつながりや豊かな場を創造していきます。作り手の想いが詰まったこだわりのお野菜と、江戸千住葱を使ったねぎパン、無添加角煮を使った角煮まんを販売予定!

■台東区環境課、地域整備第一課
○日時 : 10月21日(土曜日)午後2時/午後3時
      10月22日(日曜日)午後0時/午後2時/午後3時
○内容 : 「パンダバシピクニック」に続き、今回も台東区「花の心プロジェクト」とコラボします。不織布ポットを使ったキュートな寄せ植え作りを開催します。作品はお持ち帰りいただけます。不織布にお絵描きして自分だけのオリジナル寄せ植えを作りましょう!当日は、先着順でご案内いたします。
○参加費 : 無料

------------------【10月21日(土曜日)のみ出店】-------------------
■Rinnebar
○時間 : 午前10時から午後6時
○内容 : リンネバーとは誰もが素敵な「アップサイクル作品」を生み出すことができる小さなモノづくり BAR(台東区・新御徒町) です。大人も子どももたのしめる、モノづくり。今回は人気のことり、ブローチ、KOPPA(木端)をお持ちします!心地よい秋の休日!オリジナル作品をつくりませんか。

■花のしずく工房 蒸留デモンストレーション
○時間 : 午前10時から午後6時
○内容 : 生きとし生けるもの命を大切に最後まで使い切って繋いで行く。そんな思いで蒸留をしています。今回は「お神輿の担ぎ棒になったヒノキ」と藝大の森の植物達の蒸留を行います。植物の持つ力香りをおたのしみ下さい。
○体験費 : 無料

■コトノハ書道教室
○時間 : 午前10時から午後4時
○内容 : 書道教室から出た反故紙(書損じ紙)はリサイクルできず可燃ごみとして焼却するしかありません。でも反故紙は和紙+墨! 反故紙を使ってアート作品にしませんか?反故紙だからこそ想像力を刺激され、気負わず誰でも挑戦できます!

------------------【10月22日(日曜日)のみ出店】-------------------
■ELAB
○時間 : 午前10時から午後6時
○内容 : 循環する(暮らし)をえらぶラボ」ELAB(えらぼ)は地域内循環をテーマに持続可能な暮らしを模索・研究するラボです。東京圏内から仕入れたオーガニック食材を使い、お菓子やデリとして販売しています。今回は旬を感じる植物性のお菓子をご提供します。

■ローカルフードサイクリング株式会社、未来定番研究所、台東区清掃リサイクル課
○時間 : 午前10時から午後6時
(1)野菜・加工品・LFCコンポスト販売 午前10時から午後6時
(2)堆肥回収会 午前11時から午後3時(無料・事前予約制)
(3)初めてのコンポスト講座 午後2時から午後3時(有料・事前予約制)
 ※(2)(3)のお申込みはこちらから▶外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://ptix.at/eQjPxa(外部サイト)
○内容 : ローカルフードサイクリング株式会社・未来定番研究所・東京都台東区は、2023年6月に循環型ライフスタイルへの転換に向けて協定を結びました。都会でも生ごみを捨てない暮らしをたのしく発信すべく、LFCコンポストの堆肥回収会や、回収した堆肥で育てた野菜・加工品、コンポストの販売、初めてのコンポスト講座を行います。

お問い合わせ

地域整備第一課担当

電話:03-5246-1368

ファクス:03-5246-1359

本文ここまで

サブナビゲーションここまで