このページの先頭です
このページの本文へ移動

わくわく親子クッキング ~お子さんと一緒に作れるお料理レシピ~

ページID:152861126

更新日:2021年7月29日

おうちで過ごすことが多くなったこの頃ですが、お子さんやご家族の生活リズムは乱れていませんか?
ついつい夜更かしをして寝る時間が遅くなり、翌朝は食欲がわかず朝ごはんを食べなかったり、
好きな時間におやつを食べて、食事は少し食べたら「ごちそうさま」なんてことも。
乱れた生活リズムは、偏食や少食の原因となったり、体調に影響を及ぼすことがあります。

そこで、ご家庭での親子クッキングを通して、生活リズムの見直しや、苦手なものを1口でも食べるきっかけづくりをしてみませんか?

まずは、毎日を元気に過ごすためのポイントを確認して、日頃の生活をふり返ってみましょう!

好き嫌いなく食べて、元気に過ごすためのポイント

これらのポイントは、お子さんだけでなく大人にも大切な習慣です。
もし思い当たることがあれば、改善できるよう工夫してみましょう。

元気に過ごすためのポイントが分かったところで、次はクッキングに進みましょう!

わくわく親子クッキング

これまでに保健所の教室で作ったレシピの一部をご紹介します。

  • お子さんと一緒に作って、野菜を食べるきかっけづくりに!
  • 毎日の献立やおやつのヒントに!
  • 初めてクッキングに挑戦するときに!

ぜひ、ご自宅で作ってみてくださいね。

調理をはじめる前に…

身支度・調理スペースの準備

エプロン、三角巾などを身に付けましょう。

床にシートを敷くなど、汚れても良いように工夫をすると片付けがラクです。
 ※すべらないように、十分注意してください。

調理前は、しっかり手を洗いましょう。

調理をするときに気を付けること

火を使う作業は、必ず大人が注意して行ってください。

包丁で切る作業は、お子さんの様子を見て、
  ・手指の動きが十分発達しており
  ・大人の話をしっかり聞いて、刃物が危険であることを理解できるようになったら
 チャレンジしてみても良いでしょう。
 最初は、テーブルナイフなどを使うと扱いやすいです。大人が手を添えて、一緒に切ってみましょう。

食中毒の原因になりやすい生肉、生魚、生卵などに触るのは、手洗いが正しくできるようになってからにしましょう。

お手伝いのヒント

★年齢の小さいお子さんには、以下のお手伝いポイントを参考に、できそうなことを任せてみましょう。

お子さんと一緒に作れるお料理レシピ

紹介レシピ一覧

おにぎり

好きな形のおにぎりを作ってみましょう!
丸?三角?四角?それとも・・・?

カエルサンド・ミニホットドッグ ★★

2種類のロールパンサンドを作ってみましょう!

具だくさんすいとん ★★★

1品でバランスよく食べられるすいとん。
レパートリーに加えると便利ですよ♪

ぬか漬け風浅漬け 

ポリポリ食べられる浅漬けは、
好きなお子さんも多いのではないでしょうか?

カレー味のカラフルサラダ ★★

楽しく型抜き&カレー味で、苦手な野菜も食べられちゃうかも?!

ミニピザ ★★

餃子の皮で作る簡単ピザです。
おやつやおつまみにもおすすめですよ!

ひんやりジェラート ★★

実験気分でチャレンジしてみましょう。
牛乳やヨーグルトが苦手なお子さんの練習にも!

参考ページ

相談窓口

お子さんの偏食や、パパママの生活習慣病予防など、食事に関してご相談があれば、下記担当までお気軽にお電話ください。
また、予約制の栄養相談も行っていますので、ご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課栄養担当

電話:03-3847-9440

ファクス:03-3847-9467

本文ここまで

サブナビゲーションここまで