このページの先頭です
このページの本文へ移動

台東区の健康づくりについて

ページID:702905934

更新日:2020年10月6日

台東区の健康の特徴についてご存知ですか。
このページでは台東区の健康と、日頃からできる健康づくりのポイントについて紹介します。

台東区の健康について

健康診断(総合健康診査、台東区国民健康保険加入者)の結果によると、国や東京都と比べ、台東区は

  1.肥満の方と血糖値の高い方の割合が多い
  2.朝食を抜くことや遅めに夕食をとるなど、肥満や糖尿病と関連の深い食生活をしている方の割合が多い 
  3.約半数の人に運動習慣がない

ことが分かっています。

区民の皆さまが健康に長生きできるよう、保健所では以下のような健康づくり3か条を掲げています。

    《 台東区の健康づくり3か条 》
  (1)健診で 知ろう自分の 健康レベル
  (2)食生活 朝昼しっかり 夜かるく
  (3)取り入れよう 生活の中に 運動を

台東区の健康づくり

健康づくりを意識してみましょう

(1)ウォーキングについて

先にも説明いたしましたが、台東区は半数以上の方に運動習慣がありません。
健康に運動は欠かせません。
今、運動習慣のない方も、まずは負担の少ない「ウォーキング」から始めてみてはいかがでしょうか。
ウォーキングを行う際は、正しい姿勢や歩幅で行うことで、より効果的な運動となります。
在宅勤務中の方も、お買い物の際など外出するときには、意識して歩いてみましょう。

自宅でできる体操をご紹介します。

ウォーキングの基礎知識

(2)食生活について

厚生労働省が実施した国民健康・栄養調査(平成29年)によると、
日本人の朝食の欠食率は男性15%、女性10.2%です。
年齢別に見ると、男女とも20代で最も割合が高く、若い世代での朝食欠食率が高い傾向にあります。


朝食を食べないと、体温が上がらず、エネルギーも不足して、
イライラしたり仕事や勉強の集中力が長続きしません。
また、朝食を食べない習慣を続けると、将来の生活習慣病の発症リスクを高めてしまいます。
生活リズムが乱れたり、朝食を抜いたりしてしまう方もいると思いますが、
生活習慣病のリスクを低下させるためにも、早寝早起きをし、朝ごはんを食べましょう。
朝は忙しくて朝食準備する時間がなかったり、準備の手間が面倒という場合は、
前日の食事を取り分けておいたり、ヨーグルトやパンなど簡単に食べられるものを
どれか1つ用意することから始めてみましょう。

朝ごはんを食べよう!

(3)歯やお口の健康について

歯やお口の健康は、食事をしたり、おしゃべりをしたり、体を動かすときに力を入れたりと、
日々の生活に直結しているにもかかわらず、そのありがたみに気が付きにくく、
失ってから後悔することが多いです。


お口のトラブルは、最初は自覚症状があまりなく、いつの間にか進行していることが多いので、
些細な変化に気が付くことが重要です。
この機会に、歯科健診を受けたり、ご自身でできるセルフケアを見直してみましょう。

歯周病予防大作戦

健康情報についてもっと知りたい方はこちら

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課保健指導担当

電話:03-3847-9497

ファクス:03-3847-9467

本文ここまで

サブナビゲーションここまで