このページの先頭です
このページの本文へ移動

夏に流行する小児の感染症(手足口病・ヘルパンギーナ・咽頭結膜熱)に注意しましょう!

ページID:873777206

更新日:2019年8月1日

手足口病・ヘルパンギーナが流行しております!!

毎年夏に流行する子供の感染症である手足口病、ヘルパンギーナ及び咽頭結膜熱(プール熱)の患者報告数が増加しています。台東区でも手足口病やヘルパンギーナの報告数が増えているため注意が必要です。

手足口病の患者の9割は、6歳以下の小児となっています(うち約半数が2歳以下)。

家庭での手洗いの習慣づけや、保育所、幼稚園、学校などでの感染予防の指導にご協力をお願いします。

都内での患者流行状況はこちらをご覧ください。

夏に流行する小児の感染症(手足口病、ヘルパンギーナ及び咽頭結膜熱)について

各感染症の主な症状・原因・感染経路などをご紹介します

子どものための感染症予防のポイント

○ こまめな手洗いを習慣づけましょう(手洗いは多くの感染症に共通する重要な予防策です)
○ 症状がおさまった後も2~4週間、便などにウイルスが排泄されます
 普段からトイレの後、オムツ交換後の手洗いを徹底しましょう
○ 幼稚園、保育園など集団生活ではタオルの共用を避けましょう
○ お子さんが理解できる範囲で咳エチケットを心がけましょう(人に向けてくしゃみをしないなど)

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課感染症対策担当

電話:03-3847-9476

ファクス:03-3841-4325

本文ここまで

サブナビゲーションここまで