このページの先頭です
このページの本文へ移動

妊娠されている方やその家族の方へ

ページID:747909201

更新日:2021年12月15日

妊娠をされている方も新型コロナウイルスワクチンを接種することができます

新型コロナウイルス感染リスクとワクチンの安全性

 妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされています。また、国が承認しているワクチンについては、妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。
※詳しくは以下をご覧ください。

予約はこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室ワクチン接種担当

電話:03-6834-7410

ファクス:03-3847-9432

本文ここまで

サブナビゲーションここまで