このページの先頭です
このページの本文へ移動

1回目にモデルナワクチンを接種された10代及び20代の男性の方へ

ページID:366541095

更新日:2021年10月25日

1回目接種時にモデルナワクチンを接種された10代及び20代の男性の方は、2回目接種時に、モデルナワクチンに変わりファイザーワクチンを接種できることとなりました

 このたび、国から、10代及び20代の男性については、ファイザーワクチンに比べモデルナワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、1回目にモデルナワクチンを接種された10代及び20代の男性の方のみ、2回目接種時にファイザーワクチンの接種も選択することができるとの見解が示されました。
 そこで、台東一丁目区民館(モデルナワクチン会場)にて2回目接種を予定されている10代及び20代の男性の方で、2回目接種時にファイザーワクチンの接種を希望される方を対象に、コールセンターにてファイザーワクチン会場への予約変更を受け付けます。
 希望される方はコールセンターにて予約変更のお手続きをお願いします。

 【コールセンター】 ℡:03-4332-7912 午前9時~午後6時受付 土・日・祝も対応

  • 予約変更後のファイザーワクチン会場は台東病院、永寿総合病院、浅草寺病院のいずれかとなります。
  • 1回目接種時にモデルナワクチンを接種し、2回目接種時にファイザーワクチンを希望される場合、2回目接種日は1回目接種日から4週間後以降となります。

 ※予約状況はこちら

  • 今回の見解を受けて異なるワクチンの接種が可能となる方は、10代及び20代の男性の方のみです。10代及び20代の女性等その他の方は同一ワクチンの接種が原則となります。
  • 1回目接種時にモデルナワクチンを接種された10代及び20代の男性の方で、2回目接種時もモデルナワクチンの接種を希望される場合は、モデルナワクチンを接種することができます。

※東京都の大規模接種会場でも、1回目をモデルナワクチンを接種し、2回目はファイザーワクチンを希望される10代・20代の男性の予約を受け付けています。詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

10代及び20代の男性と保護者の方へのお知らせ(厚生労働省)(PDF:560KB)

日本国内におけるワクチン接種後に心筋炎・心膜炎が疑われた報告頻度は以下のとおり

 

ファイザーワクチン接種後に

心筋炎等が疑われた件数

モデルナワクチン接種後に

心筋炎等が疑われた件数

10代

男性

3.7件(0.0004%)

28.8件(0.0029%)

20代

男性

9.6件(0.0010%)

25.7件(0.0026%)

※ワクチン接種を受けた100万人あたりの件数
※出典:厚生労働省 10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

 なお、新型コロナウイルスに感染した場合にも心筋炎・心膜炎を発症することがあり、感染による発症頻度はワクチン接種後の発症頻度に比べ高くなっています。
 ワクチン接種後4日程度の間に、心筋炎・心膜炎の典型的な症状である胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室ワクチン担当

電話:03-6834-7410

ファクス:03-3847-9432

本文ここまで

サブナビゲーションここまで