このページの先頭です
このページの本文へ移動

接種済証について

ページID:539763045

更新日:2023年5月2日

接種済証は、ワクチンの接種事実を証明する書類ですので、接種後は大切に保管してください

 接種済証は、接種券の右側にあるシール型の様式で、接種会場において、接種後、ワクチン情報シールの貼付と接種日・接種場所の記載が行われ、交付されます。
 この接種済証を見れば、いつ、どこで、どのワクチンを接種されたのかを確認できますので、接種後は大切に保管してください。

※接種済証を紛失した場合は、接種証明書を発行いたします。申請方法等、詳細については「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について」をご確認ください。

※接種済証の正式名称は「新型コロナウイルスワクチン 予防接種済証(臨時)」ですが、末尾に「(臨時)」が付いているのは、このワクチン接種が予防接種法に基づく臨時接種に位置付けられているためであり、正式な接種済証が別に交付されるという意味ではありません。

接種済証の見本を掲載しています。

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室(ワクチン)

電話:03-3847-9431

ファクス:03-3847-9432

本文ここまで

サブナビゲーションここまで