このページの先頭です
このページの本文へ移動

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

ページID:244095908

更新日:2022年1月7日

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

※12月20日(月曜日)より、お手持ちのスマートフォンで接種証明書(電子版)が取得できます。

12月20日より、接種証明書(ワクチンパスポート)が新しくなりました。
主な変更点は以下のとおりです。
(1)従来の「海外用」に加えて、主に国内での利用を想定した「国内用」の接種証明書が発行可能になりました。
(2)従来の「書面」による接種証明書の発行に加えて、デジタル化により、お手持ちのスマートフォンで申請する「電子」の接種証明書が発行可能になりました。

また、海外で利用される方は、外務省の下記リンク(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧)も参考にしてください。

接種証明書(電子版)の申請・発行について

接種証明書(電子版)は、お手持ちのスマートフォンから専用アプリをダウンロードして申請してください。
専用アプリのダウンロード方法や申請方法は下記のチラシをご参照ください。また、取得方法等に関するお問合せ先は下記の番号へお願いします。
 (チラシ)接種証明書をスマートフォンアプリで発行できます・アプリ利用の流れ(PDF:1,471KB)
 (問合せ先) 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
           フリーダイヤル 0120-761770

接種証明書(電子版)の申請に必要なものは以下のとおりです。
・スマートフォン(※1)
・マイナンバーカード
・券面事項入力補助APの4桁の暗証番号(※2)
・【海外用の場合】パスポート
 ※1 マイナンバーカードが読み取れる端末(NFC Type B 対応端末)でiOS 13.7以上又はAndroid OS 8.0以上
 ※2 4桁の暗証番号:利用者がマイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字

電子版発行後には、ご自身でお持ちの接種済証等で記載内容をご確認ください。
なお、接種証明書(電子版)の記録が確認できない、または発行された記載内容の修正が必要な方は下記リンク先からお手続きください。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(12月20日より受付)専用アプリから発行した接種証明書(電子版)の内容修正等について【東京共同電子申請・届出サービス】(外部サイト)

※マイナンバーカードを新規に作成する場合、申請から交付の準備ができるまでお時間をいただきます。お早めに申請・受け取りいただくようお願いします。

関連サイト

接種証明書(書面)の申請・交付について

申請方法

下記必要書類をご用意のうえ、郵送によりご申請ください。折り返し返信用封筒で 郵送交付いたします。
※書面の接種証明書の即日交付はいたしかねますのでご了承ください。
※国内利用の場合、引き続き「接種済証」や「接種記録書」もご利用できます。

必要書類

1.交付申請書(下記よりダウンロードしてください。)
  (様式)新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書(PDF:273KB)
  (ご一読ください)接種証明書の種類について(PDF:200KB)
2.接種券(接種済証)または接種記録書の写し
3.本人確認書類の写し(氏名と返送先住所が記載されたもの(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等))
4.【海外用の場合】 旅券(パスポート)の写し
5.返信用封筒(切手を貼付、本人確認書類と同じ住所・氏名を記入してください。また、封筒のサイズはなるべく「長3型」をご用意ください。)

  • 旅券に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類(例 旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証等) の写しも添付してください。
  • 本人確認書類の写しに記載された住所以外へは送付できません。
  • 婚姻等により、氏名に変更があった場合は、旅券の氏名表記を更新のうえ、更新後の氏名で申請してください。

【代理人による請求の場合】
 上記1~5の必要書類に加えて下記の書類が必要です。また、代理人の方の身分証明の写し(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)も併せてご提出ください。

  • 法定代理人による場合は、それを証明するもの(戸籍謄本、登記事項証明書等)が必要です。
  • 任意代理人による場合は、委任状が必要です。(様式は下記よりダウンロードしてください。)

  (様式)委任状[新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)用](PDF:118KB)

申請書類の提出先と交付までの所要日数

〒110-0015 台東区東上野4丁目22番8号 台東保健所6階
 新型コロナウイルス感染症対策室 ワクチン接種担当 宛

  • 申請書類の到達からおおむね5日程度で発送する予定です。接種記録の確認が取れない場合や申請が混み合っている場合は5日以上かかる場合もありますのでご了承ください。

記載内容

接種証明書には、国内用、海外用どちらも接種者に関する事項(氏名・生年月日等)及び新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(接種年月日・ワクチンの種類等)が表記されます。
これらに加え、海外用では海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等が記載され、これらの情報を日本語と英語で表記されます。(下記イメージを参照)
また、偽造防止の観点から、証明書には二次元コードが記載されます。

接種証明書イメージ

留意事項

申請先の自治体について

接種証明書の申請先は、接種日時点で住民票のある自治体となります。
例えば、引っ越しなどで1回目の接種日時点で荒川区に住民票があり、2回目の接種日時点で台東区に住民票があった場合、接種証明書は荒川区と台東区それぞれに申請を行い、交付を受けることになります。

接種証明書が使用可能な国・地域

海外渡航用の接種証明書が使用可能な国・地域は限られています。あらかじめ下記の関連サイト「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外務省海外安全ホームページ)」にてご確認ください。

国外等で接種を受けた方について

接種証明書は、予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(区市町村が発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方を交付の対象としています。
したがって、国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)には交付できません
例えば、1回目の接種を海外で受け、2回目接種を日本国内で予防接種法に基づき受けた場合、接種証明書は2回目接種の内容のみを証明することになります。

関連サイト

接種証明書全般に関するお問合せは、国のコールセンターでも受け付けています

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語
受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時~21時
タイ語:9時~18時
ベトナム語:10時~19時

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室ワクチン接種担当

電話:03-6834-7410

ファクス:03-3847-9432

本文ここまで

サブナビゲーションここまで