このページの先頭です
このページの本文へ移動

海外でMERS(中東呼吸器症候群)が発生しています

ページID:985263219

更新日:2019年10月4日

MERS(中東呼吸器症候群)とは

 MERS(中東呼吸器症候群)は、2012年に初めて報告された新種のウイルスによる感染症です。原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。
 人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていませんが、ヒトコブラクダが感染源のひとつであると推測されています。また、家族間や、医療機関における患者間、患者-医療従事者間など、濃厚接触者間での感染報告がされています。

MERSの症状は

 MERSに感染すると2日~14日後に、発熱、せき、息切れなどの症状が出ます。下痢などの消化器症状を伴うこともあります。

 MERSに感染しても、症状が現れない人や軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症になる傾向があります。

発生国から帰国された方へ

 中東地域から帰国後14日以内に、発熱や咳などMERSの症状を疑う症状が出た場合は、医療機関を受診する前に、最寄りの保健所へご相談ください。

【お問合せ・ご相談】

●台東保健所 保健予防課 感染症対策担当
 平日8時30分~17時15分
 電話 03-3847-9476

●東京都保健医療情報センター(ひまわり)
 休日・夜間
 電話 03-5272-0303

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課感染症対策担当

電話:03-3847-9476

ファクス:03-3841-4325

本文ここまで

サブナビゲーションここまで