このページの先頭です
このページの本文へ移動

ベビーシッター利用支援事業(コロナ関係)

ページID:942119897

更新日:2020年9月29日

ベビーシッター利用支援事業のご案内(コロナ関係)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、在籍している保育施設等が、臨時休園等を行ったことにより、医療・交通・金融・社会福祉などの社会生活を維持する上で必要なサービスに従事しており仕事を休むことが出来ない保護者が、東京都が認定したベビーシッター事業者を利用する場合、その利用料の一部を補助します。

1.対象者

 以下のすべてをみたすことが必要です。
 (1)児童が、認可保育所、認定こども園、幼稚園、地域型保育事業、認証保育所、認可外保育施設のいずれかに在籍している。
 (2)児童が在籍している施設が、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、臨時休園となっている。
 (3)保護者が医療、交通、金融、社会福祉等の社会生活を維持する上で必要なサービスに従事しているなど仕事を休むことができない。

2.利用時間

 月曜日から土曜日までの午前7時から午後10時までのうち、
 (1)保育短時間認定の方   ⇒ 1日8時間かつ月160時間
 (2)保育標準時間認定の方  ⇒ 1日11時間かつ月220時間
 が上限です。
 保育場所は自宅のみとなります。きょうだいの保育や送迎、家事等のサービスは含みません。

3.利用料金

 1時間当たり150円
  ※助成対象は保育料のみ。入会金・交通費等は助成対象外
  ※助成対象期間は、在籍している施設が臨時休園を行っている期間のみ
   (保護者が自主的な判断で登園を自粛している場合は対象となりません。)

4.ご利用の流れ

(1)区窓口で「対象者確認書」の交付を受けてください。
  ※郵送での送付も可能です。利用規約等を事前にお読みの上、お問合せください。
(2)対象の事業者を選択し、事業者と直接利用調整を行ってください。
  ※実際に契約する際は、対象者確認書の提示が必要です(事業者によっては事後の提示も可能です)。
  ※また、「東京都ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園)
   を使いたい」旨を必ず伝えてください。
(3)認定事業者との契約成立後、初回利用予定日の3開庁日前までに、契約書を持って、区窓口にお越しください。
  ※事業内容の同意の他、この事業の専用システムを利用するためのアカウントの発行申請書をご提出頂きます。
  ※郵送での対応はできません。
(4)後日、全国保育サービス協会から、アカウントが郵送で通知されます。
  ※アカウントが届くまで、本事業の助成を受けられない可能性があります。
(5)サービスを受けた後、システムから発行された助成券コード(番号)をベビーシッターに伝えます。
  ※利用者には、利用者負担分(150円/時間)のみが請求されます。
◎原則、アカウントが郵送で届いた後に助成開始となりますが、事業者によっては、事業者と契約成立直後より助成開始となるなど、
 アカウントが郵送で届く前から助成が受けられる場合があります。
 実際の助成開始時期は各事業者に直接お問合せください。

5.その他

本事業の対象となる都が認定するベビーシッター事業者の一覧は、東京都のホームページでご覧になれます。

ご利用にあたって、以下の利用約款を必ずお読みください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

児童保育課保育相談係

電話:03-5246-1234

ファクス:03-5246-1289

本文ここまで

サブナビゲーションここまで