このページの先頭です
このページの本文へ移動

子育て世帯への臨時特別給付金を支給します

ページID:915413457

更新日:2022年1月18日

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援するため、給付金を支給します。

給付額

児童1人あたり10万円

対象

0~18歳の児童を養育している主たる生計維持者(所得が高い方)、令和2年分の所得額が下記所得制限限度額内の方

支給・申請方法

対象区分申請支給日等

(1)令和3年9月分の児童手当支給対象児童を養育している方
※公務員の方は(4)をご覧ください

不要支給済【支給予定日】

令和3年12月23日(先行給付)及び12月27日(追加給付)
【給付額】
児童一人あたり10万円(5万円を2回に分けて児童手当登録口座へ振込み)

(2)令和3年10月1日~4年3月31日に生まれた児童を養育している方不要

【支給予定日】
児童手当手続きで把握でき次第、順次支給
【給付額】
児童一人あたり10万円(一括給付)

(3)平成15年4月2日~18年4月1日生まれの児童を養育している方

【支給予定日】
申請に基づき審査を行い、令和4年1月以降に支給(12月27日に申請書送付)
【給付額】
児童一人あたり10万円(一括給付)

(4)対象児童を養育している公務員の方

【支給予定日】
申請に基づき審査を行い、令和4年1月以降に支給
【給付額】
児童一人あたり10万円(一括給付)

※令和3年9月30日時点で児童手当の対象となる児童を養育していたが、児童手当の申請をしていない方は、台東区役所 子育て・若者支援課 (電話 03-5246-1232)までお問い合わせください。

所得制限限度額表

  • 児童手当の所得制限限度額を支給対象者の算定基準としております。
  • 令和2年の所得が児童手当の所得制限限度額以上である方は給付金の支給対象になりません。
扶養人数令和2年分の所得
0人6,300,000円未満
1人6,680,000円未満
2人7,060,000円未満
3人7,440,000円未満(※1)
4人目以降1人につき38万円ずつ加算

※所得制限額には社会保険料控除相当額(8万円)加算済
(※1)所得算定方法の例:主たる生計維持者(年収960万円)と配偶者(年収103万円以下)と子供2人の4人世帯(年収960万円-給与所得控除216万円=所得744万円)

申請について

(1)令和3年9月分の児童手当支給対象児童分

対象の方へは令和3年12月3日付で『「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(先行給付金)」についてのお知らせ』をお送りしています。お知らせを受け取られている方は、対象児童分の申請手続きは不要です。

支給時期

令和3年12月23日(先行給付)及び12月27日(追加給付)の2回に分けて支給します

支給方法

児童手当の振込口座に支給します

注意点

※算定児童(養育する高校生相当の児童)についても同時に支給済です。養育しなくなった等の理由により、児童手当の算定児童から外れている児童については、申請が必要です。算定児童については、ページ下部の「(3)平成15年4月2日~18年4月1日生まれの児童(高校生等)分・注意点」をご覧ください。

(2)令和3年10月1日~4年3月31日に生まれた児童分

児童手当の手続きの際、子育て世帯臨時特別給付金についての案内をお渡しします。児童手当の手続きで把握でき次第、順次支給いたしますので対象児童分の申請手続きは不要です。

(3)平成15年4月2日~18年4月1日生まれの児童(高校生等)分

  • 申請者(対象児童を養育する方で所得が高い方)の所得によって給付金の支給対象者に該当するかが異なります。上記「所得制限限度額表」をご確認いただき、対象となる児童分は申請手続きが必要です。
  • 基本的に、令和3年9月30日時点で住民登録のある市区町村からの支給になります。
申請書の発送時期

対象の児童がいる世帯へ12月27日に発送済です

申請期間

令和4年1月4日から2月28日まで
申請は原則として、郵送または電子申請で受付けます。

郵送の場合

申請の際には上記ファイルより印刷してご使用ください。

電子申請の場合

登録用サイト

申請の際には上記URLからアクセスして東京共同電子申請・届出サービスで申請者ID及びパスワードを登録してください。

※過去に台東区で申請者IDを登録している場合は、改めて登録する必要はありません。

申請用サイト

申請者ID及びパスワードを登録後、上記URLからアクセスして、給付金の申請を行ってください。

申請窓口

台東区役所6F 子育て世帯への臨時特別給付金 臨時窓口
(台東区役所6F 6番 子育て・若者支援課 窓口併設)

申請必要書類
  1. 本人確認書類の写し
    (例:申請者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等のコピー)
  2. 振込先口座が分かるもの
    (例:通帳・キャッシュカードのコピー)
  3. 申請者及び配偶者の方の令和3年度(令和2年分)市区町村民税課税証明書・非課税証明書(令和3年1月1日時点の住所が台東区ではない方のみ)
  4. 児童の住民票(令和3年9月30日時点で対象児童の住民登録が台東区外にあり、別居となっていた場合のみ)
支給時期

申請書に基づいて審査を行い、決定後に支給します。
※支給前に決定通知を発送致します
※審査の結果不支給となる場合は、不支給決定の通知を発送致します。

支給方法

申請書に指定していただいた口座等に支給を行います。
原則として、申請者本人の口座となります

注意点
  • 高校生等は申請が原則必要になりますが、令和3年9月30日時点で台東区に住民登録があり、児童扶養手当、児童育成手当、特別児童扶養手当、子育て世帯生活支援特別給付金を受給している方は、台東区に支給のための情報があるため「プッシュ型」による支給となります。(該当する児童分は申請不要)

※「プッシュ型」に該当する高校生等の児童分については、12月24日付でお知らせの通知を送付済みです。

  • 算定児童分については申請手続きは不要です。同一世帯に児童手当における支給対象児童(0歳から中学校3年生終了前までの児童)と算定児童(高校生等)がいる場合には、令和3年12月3日付『「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(先行給付金)」についてのお知らせ』をお送りし、12月23日・27日にプッシュ型で支給済みです。

※今回の給付金については、申請不要で、算定児童分を含めて同日に支給させていただくこととなっております。
 児童手当における児童については、支給対象児童と算定児童に分けられます。
  支給対象児童は、0歳から中学校3年生終了前までの児童となります。
  算定児童は、主に高校生相当の児童のことを指し、支給対象児童ではなくなった中学校3年生終了後から18歳の年
  度末までの児童となります。
  算定児童は、子どもの数を算定する際に含めることができます。
 児童手当では、3歳から小学校終了前までは通常月額10.000円ですが、算定児童を含めて第3子以降の児童について
 は、月額15.000円となります。
 児童手当の申請をしていただいた場合には、養育する算定児童についても基本的には同時に登録させていただいて
 おります。
 また、毎年ご提出いただいている現況届にも算定児童分も含めて名前を記載させていただいております。

(4)対象児童を養育している公務員の方

  • 下記対象児童を養育している公務員の方は、申請手続きが必要です。
  • 基本的に令和3年9月30日時点で住民登録のある市区町村からの支給となりますが、新生児分(令和3年9月1日~令和4年3月31日生)については児童手当の認定時点で住民登録のある市区町村からの支給となります。
  • 令和3年10月1日以降に台東区に転入した方など他自治体からの支給となる場合、申請方法については各自治体へお問合せ下さい。
対象児童
  1. 令和3年9月分の児童手当(本則給付)支給対象となる児童
  2. 平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれの児童(保護者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象となる金額と同等未満の場合)
  3. 令和3年9月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童手当(本則給付)の支給対象児童(新生児)
申請書の発送時期
  • 高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生)の児童がいる世帯
    令和3年12月27日に申請書を送付済みです。
  • 令和2年度 子育て世帯への臨時特別給付金支給対象者
    令和4年1月12日に申請書を発送予定です。
  • 上記のいずれにも該当しない場合
    下記申請書をお使いください。原則として、郵送または電子申請で受付けます。
公務員の方で高校生等用の申請書が届いた方へ
  • 公務員の方で、高校生等用の申請書(令和3年12月27日発送済)で既に申請を終えている場合は重ねての申請は不要です。
  • 中学生以下の児童と高校生等の児童がいる場合は、高校生等用の申請書にまとめてご記入下さい。中学生以下の児童と高校生等の児童を分けて申請する必要はありません。
申請期間

令和4年2月28日まで
※新生児分については、出生後速やかに所属庁で児童手当の手続を行って頂き、本給付金の申請をして下さい。

郵送の場合

申請の際には上記ファイルより印刷してご使用ください。

電子申請の場合

登録用サイト

申請の際には上記URLからアクセスして東京共同電子申請・届出サービスで申請者ID及びパスワードを登録してください。

※過去に台東区で申請者IDを登録している場合は、改めて登録する必要はありません。

申請用サイト

申請者ID及びパスワードを登録後、上記URLからアクセスして、給付金の申請を行ってください。

申請窓口

台東区役所6F 子育て世帯への臨時特別給付金 臨時窓口
(台東区役所6F 6番 子育て・若者支援課 窓口併設)

申請必要書類
  1. 本人確認書類の写し
    (例:申請者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等のコピー)
  2. 振込先口座が分かるもの
    (例:通帳・キャッシュカードのコピー)
  3. 令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給していることが分かる書類の写し
    ※公務員の方が所属庁(職場)で児童手当を受給していることについて、台東区では児童手当の受給確認ができません。そのため、以下のいずれかの書類で令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給していることを証明していただくことが必要です。
    【所属庁から書類が交付されている場合】
    所属庁が発行する児童手当の受給証明書や支払通知書等の写し(コピー)をご用意ください。
    【所属庁から書類が交付されていない場合】
    令和3年9月分の児童手当振込通帳(通帳の児童手当の振込部分に「児童手当」「ジドウテアテ」などと記載があり、令和3年10月中の振込のもの)の該当ページ又は令和3年10月分の給与明細の写し(コピー)をご用意ください。
  4. 児童の住民票
    高校生等の児童または令和3年9月1日以降に生まれた新生児で、令和3年9月30日時点の住民登録が台東区外にある場合のみ
支給時期

申請書に基づいて審査を行い、決定後に支給します。
※支給前に決定通知を送付致します。
※審査の結果不支給となる場合は、不支給決定の通知を発送致します。

支給方法

申請書に指定していただいた口座等に支給を行います。
※原則として、申請者本人の口座となります

配偶者からの暴力により児童とともに避難されている方

※DV被害により児童とともに避難されている方は、台東区で子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けることができる場合があります。なるべくお早めにご相談ください。

申出者及びその児童が、国民健康保険法上、配偶者と別の世帯に属し、配偶者の被扶養者になっておらず、かつ下記のいずれかに該当する場合。

  • 配偶者に対し配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(平成13年法律第31号)第10条に基づく保護命令(同条第1項第1号に基づく接近禁止命令又は同条第2号に基づく退去命令)が出されている場合
  • 「配偶者からの暴力被害者の取扱い等に関する証明書の発行について」(平成20年5月9日雇児福発第0509001号)に基づき、婦人相談所等による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されている場合
  • 基準日(令和3年9月30日)の翌日以後に住民票が居住市町村へ移され、住民基本台帳事務処理要領(昭和42年自治振第150号自治省行政局長から各都道府県知事宛て通知)に基づく支援措置の対象となっている場合

その他

  • 給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた場合は、支給した給付金の返還を求めます。
  • 給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。
  • この給付金は、課税対象外です。

台東区からの問い合わせについて

申請内容に不明な点があった場合、台東区から問い合わせを行うことがありますが、区が給付金のために、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは絶対にありません。

内閣府「子育て世帯への臨時特別給付金」専用コールセンター

内閣府「子育て世帯への臨時特別給付金」専用コールセンター

フリーダイヤル番号:0120-526-145
時間:午前9時~午後8時(土日祝を含む、12/29~1/3休)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て・若者支援課(子育て世帯臨時特別給付金)

電話:03-5246-1800

ファクス:03-5246-1289

本文ここまで

サブナビゲーションここまで