冬〜春は、ノロウイルス対策を強化しましょう

 冬場〜春先は、ノロウイルスが流行しやすい時期です。感染すると、胃腸炎を引き起こしたり、食べ物についた場合は食中毒となることもあります。流行する前に、予防方法を身に付けましょう。

●特徴
 ノロウイルスは感染力が非常に強いウイルスです。わずかな量でも感染性胃腸炎を引き起こします。また、感染した人のおう吐物・ふん便にはノロウイルスが1グラムあたり数億個いるといわれています。
●症状
 主な症状は、おう吐、下痢、腹痛、発熱です。感染してから1〜2日後に発症します。症状がなくなっても1週間〜1か月間は、ウイルスがふん便に含まれる場合があるので、注意が必要です。
●予防方法
▽日常の感染予防

 調理や食事の前、おむつ交換の後、トイレの後にはよく手を洗いましょう。石けんで2回洗うと効果的です。しっかりと手を洗い、ノロウイルスを手から洗い落とすことが大切です。
▽食品からの感染予防
 カキなどの二枚貝を生で食べることは控えましょう。ノロウイルスは加熱することで死滅します。火を通せる食品は中心までしっかり加熱しましょう(目安は中心温度が90℃で90秒以上)。加熱できない野菜や果物は、十分に洗浄してから食べましょう。また、調理器具やシンクは洗浄・消毒を徹底しましょう。
▽感染の拡大防止
 下痢や風邪に似た症状のあるときは、次のことに注意しましょう。
  トイレに入った後は、石けんで2回手洗いを行い、ノロウイルスを手から洗い落とす。
  できるだけ調理はしない。食品を扱うときはよく手を洗う。
  お風呂は最後に入るかシャワーだけにする。
●ノロウイルスに効果的な消毒液の作り方
 ノロウイルスには、アルコールが効きにくい場合があるので、次亜塩素酸ナトリウム(台所用漂白剤など)を使用しましょう。
 市販の次亜塩素酸ナトリウム原液の濃度は、おおむね5〜6%です。必ず表示を確認し、定められた方法で薄めて使用してください。
▽原液6%濃度の場合の消毒液の簡単な作り方
・普段用の消毒液
●掃除・処理方法
▽普段の掃除方法
 普段用の消毒液を含ませた雑巾やティッシュなどでトイレの便座・ドアノブなどの汚れやすい所を拭きます。拭いた後は、必ず水拭きしましょう。
▽おう吐物の処理方法
  換気のために必ず窓を開け、手袋・マスク・エプロンを着用しましょう。
  おう吐物の外側からペーパータオルをかぶせ、おう吐物と同量以上のおう吐物用の消毒液をかけます。外側から内側に向けて拭き取り、ビニール袋に入れましょう。
  おう吐物用の消毒液を含ませたペーパータオルで、おう吐物を取り除いた場所を10分間覆い、その後水拭きしましょう。
  ビニール袋におう吐物・拭き取ったペーパータオル・手袋・マスク・エプロン等を入れ、口をしっかり縛って捨てましょう。
  手指の各部分(手のひら・手の甲・指先・爪・指の間・親指・手首)についている汚れをこすり落とすような感覚で丁寧に洗いましょう。2回洗いが効果的です。最後に、消毒用アルコールで消毒しましょう。

問合せ 台東保健所生活衛生課食品衛生担当
TEL(3847)9466
台東保健所保健予防課感染症対策担当
TEL(3847)9476



ご存じですか? 10月は乳がん予防月間です

 最近10年間、乳がんのり患率は年々増加しており、現在、日本人女性の約11人に1人が乳がんにかかるといわれています。
 乳がんは早期に発見し、治療をすれば、治癒率90%の「治るがん」です。
 がんが表面に近い部分にできることが多いため、自分で見て触って見つけることができます(56%の方が自己検診でがんを発見)。月に1度の定期的な自己検診をして、日ごろの乳房の状態を把握しておき、変わったことがあれば必ず受診しましょう。
 40歳からは、乳がん検診マンモグラフィを受けることが大切です。

●乳がんに関する展示を行います
▽期間

 10月31日(火)まで
▽場所
 区役所、生涯学習センター、台東保健所、浅草保健相談センター、環境ふれあい館ひまわり
●乳がん予防キャンペーン
▽日時

 10月30日(月)
 午後4時〜5時
▽場所
 上野駅構内グランドコンコース・ガレリア
問合せ 台東保健所保健サービス課
TEL(3847)9497
浅草保健相談センター
TEL(3844)8171

乳がんの早期発見のために〜20歳を過ぎたら自己検診を〜

乳房を触ってみましょう
指をそろえ、10円玉大の「の」の字を書くように
わきの下のほうまで手を伸ばす

乳房を見てみましょう
腕を高く上げて
両腕を腰に当てて

チェックポイント
□ 左右違う
□ ひきつれ、くぼみ
□ 赤く腫れている
□ 皮膚が厚く毛穴が目立つ
□ 乳頭がただれている
□ 乳頭が以前より引っ込んでいる
□ しこりや硬いところがないか
□ 前と違うところがないか
□ 乳頭をつまんで分泌物がないか

自己検診のタイミング
☆月経が始まって5〜7日目

問合せ 台東区役所広報課
TEL(5246)1021 
FAX(5246)1029



愛犬のための講習会

●第4回ペットコミュニティエリア適正利用講習会
▽日時
 11月23日(祝)午後1時30分〜4時
▽対象
 次の全てを満たすこと
  飼い主が区内在住で、台東区で登録をしている小・中型犬(背中〜地面まで約40センチメートル以内)
  今年度の狂犬病予防注射および1年以内に混合ワクチンを接種している
  犬の健康状態に問題がなく(内・外部寄生虫・伝染性疾病等にかかっていない)、他の人や犬に対して過剰に吠えたり、威嚇したり、咬傷事故を起こしたことがない
  エリアを利用する家族全員で参加できる
▽定員
 15頭分(先着順)
▽内容
 エリア内でのマナーや知識の講習、愛犬と一緒にエリアの模擬練習(講習中は施設内で愛犬をお預かりします)
▽受講上の注意
  中学生以下は保護者同伴
  3歳以下の乳幼児は入場・受講不可
  犬1頭につき1人以上の犬を制御できる飼い主が参加(1人で複数頭連れてくることはできません)
▽申込方法
 区ホームページから申し込むか、電話で下記問合せ先へ(電子申請可)
▽申込期間
 10月10日(火)〜11月13日(月)
▽場所
 DOGLY愛犬E-SCHOOL(根岸3−1−10)
問合せ 台東保健所生活衛生課
TEL(3847)9437

●犬のしつけ方教室〜褒めるしつけで楽しいドッグライフ♪〜
▽日時
 11月5〜26日の日曜日(全4回)初回は午後1時〜3時30分、2回目以降は午前9時30分〜午後2時30分のうち1時間
▽対象
 台東区で登録済の狂犬病予防注射・混合ワクチンを接種している健康な犬を飼っていて、全日程参加できる方(2回目から犬を連れての参加)
▽定員
 30頭分(先着順)
▽講師
 家庭犬訓練士
▽費用
 2,000円(4回分)
▽申込方法
 電話で下記問合せ先へ
▽場所
 DOGLY愛犬E-SCHOOL(根岸3−1−10)
問合せ 台東保健所生活衛生課
TEL(3847)9437



10月は「骨髄バンク推進月間」です

 白血病等の血液難病の根治療法として、骨髄移植および末梢血幹細胞移植があります。これらの移植を成功させるには、患者と骨髄等提供者の白血球の型が一致しなければなりませんが、その確率は数百人から数万人に1人です。1人でも多くの方に骨髄バンクへのご登録をお願いします。登録方法等、詳しくは下記へお問合せください。
問合せ (公財)日本骨髄バンク
TEL(5280)8111

・区では、ドナーとドナーが従事する事業所等へ助成金を交付しています
 申請方法等、詳しくは区ホームページをご覧になるか、下記へお問合せください。
問合せ 台東保健所生活衛生課
TEL(3847)9401



10月は不適正搬入防止強化月間です〜正しいごみの排出にご協力を〜

 想定外のごみが搬入されると、焼却炉を傷めたり、機器の動作不良を引き起こし、焼却炉の停止を招きます。焼却炉が予定外の停止をすると、ごみの収集が遅れるなど、23区のごみ処理に大きな影響を与え、再稼働にも多くの時間と費用がかかります。ごみ出しのルールを守り、清掃工場の安全で安定した運営にご協力をお願いします。
※金属製品やガラス製品

・水銀を使用している血圧計や体温計は燃やさないごみです。
※30センチメートルを超えるごみは、品目によって排出方法が異なります。詳しくは下記へ

問合せ 清掃工場のごみの受入基準については東京二十三区清掃一部事務組合
TEL(6238)0732
ごみの分け方、出し方については台東清掃事務所
TEL(3876)5771
台東区清掃リサイクル課
TEL(5246)1018