ごみ減量の第一歩! 〜まずは正しい分別から〜

 生ごみをひとしぼり(120グラム)すると、台東区で年間約847トンの減量ができます。

間違いやすいごみの分別

ライター
スプレー缶
カセットボンベ
※スプレー缶やカセットボンベ、
ライターは必ず最後まで使い切り、
別袋に入れ「スプレー缶」等と表記してください。
※穴は開けないでください。

チラシ等雑がみは要注意!

紙おむつ等汚れた紙
臭いのついた紙
カーボン紙(複写伝票)
 他に、シュレッダーくず、金箔を押した紙、
油の付いた紙等もリサイクルできません。

トイレットペーパー
ラップなどの芯
紙類・包装紙カレンダー
はがき、封筒など
お菓子、ティッシュなどの空き箱
パンフレット類チラシ、DM
プリント、メモ用紙など

燃やさないごみへ

燃やすごみへ

資源へ


●収集日当日、朝8時までに、決められた場所に出してください。
●ふた付きのごみ容器か透明または半透明の袋に入れてください。
●収集に一度に出せる量は、45リットル袋で3袋までが目安です。家庭ごみでも4袋目から有料です。
●事業活動に伴って出たごみは、必ず有料ごみ処理券を貼ってください。
※詳しくは、冊子「ごみと資源の分け方・出し方」や区ホームページをご覧になるか、清掃リサイクル課 TEL52461018
 または台東清掃事務所 TEL38765771へご連絡ください。

 

●減らそう!食品ロス

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。日本では年間で約621万トンの食品を無駄にしています。これは11日、だいたいお茶碗1配分の量です。食品ロスは、食品の製造過程や販売店等だけでなく、一般家庭等から半分近くが発生しています。

〈食品ロスを減らすための取り組み〉

@調理の際に食べられる部分まで捨ててしまう過剰除去をしない

A食品を買いすぎたり、作りすぎたりしない

B賞味期限や消費期限を考えて食品を購入する

※区では、家庭で生ごみ処理機やコンポスト容器を購入する場合、費用の一部を助成しています。詳しくは、区ホームページか清掃リサイクル課へご連絡ください。

問合せ

清掃リサイクル課
TEL
52461018

台東清掃事務所
TEL
38765771