「医療・介護情報検索システム」をご利用ください

 区内の医療機関・薬局・介護サービス事業所等の情報を閲覧・検索できます。
●区ホームページからのアクセス方法『トップページいざというときのために「休日診療案内 医療・介護情報検索システム」医療・介護情報検索システム』(2次元コードからもアクセスできます)

掲載情報
医療機関情報について
(1)
医療機関名 (2)所在地 (3)電話番号 (4)在宅医療(往診、訪問診療など)の対応 (5)受付時間 (6)休診日 (7)対応可能な外国語など
介護サービス事業所情報について
(1)
事業所名 (2)所在地 (3)電話番号・ファックス番号 (4)サービス名 (5)営業日・営業時間 (6)空き情報(一部サービスのみ)など
システムトップページ
検索方法
(「医療機関・薬局を探したい方」の場合)
(1)
診療科目等 
(2)
地図・地域 
(3)
医療機関(薬局)名から検索できます
【地図から検索】
(1)
診療科目等を選択
(2)
探したい地点をクリック

問合せ

健康課医療連携担当
TEL
52461215

介護保険課事業者担当
TEL
52461243


区の相談窓口をご利用ください

●台東区在宅療養支援窓口
 在宅療養生活における医療・看護・介護の相談に応じています。
相談受付日時 月〜金曜日午前9時〜午後5時、土曜日午前9時〜正午祝日・年末年始を除く
場所 区立台東病院2
相談受付電話 TEL56030235

●三ノ輪口腔ケアセンター
 介護が必要な高齢者などで、歯科診療所への通院が困難な方に対して、歯科衛生士が電話や自宅への訪問による相談対応、訪問してくれる歯科医等の紹介を行っています。
相談受付日時 月・火・木・土曜日午前10時〜午後5祝日・年末年始を除く
場所 三ノ輪福祉センター8階(三ノ輪12711
相談受付電話 TEL56032235

問合せ

健康課医療連携担当
TEL
52461215


まだまだできるリサイクル

・雑がみは資源として出しましょう
 燃やすごみの中には約17%のリサイクルできる紙類が混入しています。燃やすごみの量を減らすためには、雑がみの分別が大切です。
 雑がみとは、家庭から排出された紙類のうち「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の、資源になる紙類です。
雑がみの例 はがき、封筒、チラシ、メモ用紙など
紙についている大きな金属やビニールは取り外してください。
個人情報は塗りつぶすか、切り取ってから出してください。
リサイクルできない紙類の例 汚れた紙、においの付いた紙、カーボン紙(複写伝票)など
雑がみの出し方
(1)
箱類は中身を空にして平らにする
(2)
メモ紙など小さな紙片は、使用済みの封筒などに入れる
(3)
散乱しないように、紙袋などに入れて紐でしばる 
(4)
集積所での資源回収や集団回収に出す
・資源回収にご協力ください
 家庭から出る資源を次の方法で回収しています。
回収できる資源は、区ホームページをご覧になるか、下記へお問合せください。
集積所回収(週1回) お近くの集積所(コンテナが設置される場所)に、ルールを守って出してください。店舗や会社から出る事業系のものは、有料ごみ処理券を貼って出してください。
拠点回収 区の施設などの拠点に出すことができます。回収日や実施施設は、各家庭へ配布した「ごみ出しカレンダー」や、区ホームページでご確認ください。店舗や会社から出る事業系のものは出せません。
集団回収 町会や管理組合など地域の皆さんが、各家庭から出る資源を集め、回収業者に引き渡しています。回収日や回収場所は、町会や管理組合にお問合せください。区では、回収量に応じた報奨金(1キログラムあたり6円)を支給しています。店舗や会社から出る事業系のものは出せません。

問合せ

清掃リサイクル課
TEL
52461291


高齢期は、「低栄養」に気をつけましょう!

高齢者の体は、1週間であっという間に変化します
高齢期になると、色々な背景で「食べられない」ことにより食事の量が減ったり、食べられるものの偏りが出てくることで「低栄養」を引き起こす恐れがあります。食事を十分にとれない日が数日続いただけで、寝たきりや要介護状態のリスクが高まります。
「高齢になったら肉を食べなくていい」というのは間違いです
体に必要なたんぱく質の量は、若い頃と大きく変わりません。高齢期には消化吸収能力が低下する分、積極的に肉や魚などのたんぱく質をとる必要があります。また、体力や免疫力を落とさないよう、エネルギーのもととなる糖質・脂質を適度にとり、バランス良く食べることも大切です。
あるある!食生活の異変〜こんな出来事、最近ありませんか?
高齢者が低栄養になりやすい理由は、下記のような高齢者ならではの「あるある」が影響しています。
その1 膝が痛くて出かけるのがおっくう。調理も手間がかかり面倒くさい。1日に3食も食べないことがよくある。
その2 好きなものや食べやすい物しか食べないので、いつも同じようなものばかり食べている。
その3 入れ歯の調子が悪いが、そのままにしている。肉や野菜がかみ切れない。おなかがすいたら、お菓子ばかり食べている。

健康ミニ講座

「ふれあい介護予防教室」の中で、管理栄養士による日常生活で実践できる高齢期の低栄養予防のポイント等をご紹介します。

日程

場所

410()

ケアハウス松が谷

411()

台東一丁目区民館

416()

根岸社会教育館

420()

谷中区民館

427()

福祉プラザ台東清峰会

517()

環境ふれあい館ひまわり

▽時間 午後130分〜3

※410()は午後2時〜330
▽対象 区内在住の65歳以上の方

問合せ

介護予防・地域支援課
TEL
52461295


中小企業の皆さんを応援します

台東区産業振興事業団では、区内中小企業の皆さんに対して、助成金による支援を行っています。各助成金には細かい要件がありますので、詳しくは上記へお問合せください。助成の内容は変更になる場合があります。

名称

対象

助成限度額

助成率

募集期間

新製品新技術開
発支援

今までにないような先駆的な製品や技術を開発す
る場合100万円

100万円

対象経費の2分の1以内

423()
6
1()

新市場開拓支援

海外市場など、自社製品等の新たな販売市場を開
拓する場合

50万円※海外市場への開拓、
店舗出店の場合は100万円

64()7
13()

アトリエ化支援

ものづくりの様子を公開するために工房を改修す
る場合

100万円

42()5
7()

小規模事業者事
業承継支援

区内で10年以上事業を営み、事業承継を行う予定
の小規模事業者が、店舗の改修や設備の購入等を
行う場合

50万円

対象経費の2分の1以内
※商店街に加盟する事
業者は3分の2以内

42()以降
随時受付(先
着順・予算満
了時点で終了)
※事業実施前
にお申込み
ください。

試験研究機関活
用支援

都立産業技術研究センターの設備を利用し、自社
製品の検査や研究を行う場合

5万円

対象経費の2分の1以内

商品プロモーシ
ョン支援

区内事業所のデザイナーにパッケージ・印刷物・
販促物のデザイン依頼をする場合

15万円

展示会出展支援

今までに出展したことのない展示会に出展する場
合と、2回目の展示会に出展する場合

初出展

国内10万円

海外20万円

2回目

国内5万円

海外10万円

外国語ホームペ
ージ新規作成費
用支援

初めて外国語のホームページを作成する場合

最大10万円※ホームページ作
成経費・翻訳費 各上限5万円

知的所有権取得
支援

特許権・実用新案権・意匠権・商標権を取得しよ
うとする場合

5万円※特許権の場合は10

個人研修(スキ
ルアップ)支援

経営者や従業員が、能力開発のために専門講座を
受講する場合

3万円(★)皮革製造技術者
養成支援事業の事業参加決定
を受けている事業者は5万円

対象経費の2分の1以内
(★)3分の2以内

外国人観光客お
もてなし支援

外国語メニュー・パン
フレット等作成支援

外国語のメニュー・パンフ
レット等を作成する場合

最大10万円※メニュー・パン
フレット等作成経費、翻訳費
各上限5万円

対象経費の2分の1以内

外国人おもてなし講
習支援

外国人に対する接遇力向上
等の講習を受講する場合

5万円

免税書類発行システ
ム導入支援

免税書類発行システムを導
入する場合

5万円

職場環境等向上
支援

ワーク・ライフ・バラ
ンスの推進支援

ワークライフバランスを推
進する場合

10万円

環境経営認証の取得
支援

エコアクション21、エコス
テージまたはISO14001
認証・登録する方

10万円

プライバシーマークの
取得支援

プライバシーマークを取得
する場合

10万円

BCP(事業継続計画)
の策定支援

BCP(事業継続計画)を策
定する場合

10万円

 

問合せ

台東区産業振興事業団
TEL
58294124


区の職員を装った不審な電話にご注意!

「携帯電話を持って」「ATMへ」等の電話は還付金詐欺です。不審に思ったら警察に相談してください。