このページの先頭です
このページの本文へ移動

津軽三味線が結ぶ縁 台東区が舞台のテレビアニメ「ましろのおと」放送開始を記念し、青森県内の自治体と連携して地域の魅力発信を行います

ページID:381251172

更新日:2021年3月30日

 台東区フィルム・コミッションでは、映像制作者がドラマや映画等の撮影を行う際に、ロケ候補地の情報提供、施設との調整、その他撮影に関する相談を行っています。近年は実在のロケーションを舞台とするアニメ作品も多く、設定・ロケハンから支援を行っています。
 4月放送開始予定のテレビアニメ「ましろのおと」は、青森から上京した主人公・澤村雪が、津軽三味線愛好会と出会い、成長するストーリーで、下宿先のモデルとして谷中銀座商店街が描かれるなど、台東区内の各所が作品の舞台として登場します。
 台東区フィルム・コミッションでは、地元商店街、アニメ製作委員会、本作のテーマである「津軽三味線」ゆかりの地であり、もう一つの舞台である青森県の自治体(青森市、弘前市、五所川原市)と連携し、各地域の魅力紹介や作品と台東区との繋がりに関する情報発信を行います。

取り組み内容

1.台東区制作番組の放送(J:COM11チャンネル 14分番組×2本)

【Part1】令和3年4月4日から4月10日
【Part2】令和3年5月下旬から6月下旬 (YouTube台東区公式チャンネルでも公開予定)

内容

製作委員会プロデューサーの制作裏話インタビュー、木村匡也氏(大俵ヒロシ役)インタビュー及び応援メッセージ、民謡酒場「和ノ家 追分」での三味線演奏、区内のロケーション紹介 ほか

2.谷中銀座商店街でのアニメシーン再現

開催時期 

令和3年4月2日から6月末(混雑回避のため日時は非公表)

場所

谷中銀座商店街(台東区谷中3丁目13番1号)

内容

アニメ本編中のシーン再現の取り組みとして、「津軽小原節」を含む三味線演奏の放送や、作品ポスター掲出などでファンサービスを行います。

3.「ましろのおと」複製原画展の開催 

※新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言発出に伴い、開催時期を延期します。

開催時期

令和3年5月7日から30日(予定)

展示場所

浅草文化観光センター7階特設展示スペース(台東区雷門2丁目18番9号)

展示内容

複製原画、設定資料及び青森市・弘前市・五所川原市の観光情報展示

4.「ふるさと交流ショップ 台東」に青森市が出店

※新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言発出に伴い、青森市の出店は中止となりました。なおその期間は千束通り商店街が出店します。

出店期間 

令和3年5月6日から5月11日

住所 

台東区浅草4丁目36番5号

内容

もう1つの舞台地である青森の特産品を、浅草のアンテナショップにて期間限定で販売。

テレビアニメ「ましろのおと」

2021年4月2日深夜2:25よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム枠”にて放送開始予定
TBSでの第1話放送時間が26:27から放送開始となります。通常放送より2分遅れでの放送となりますのでご注意ください。  
番組公式サイト 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://mashironooto-official.com/ (外部サイト)
原作:羅川 真里茂   監督:赤城 博昭  津軽三味線監修:吉田兄弟
©羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会

民謡酒場「和ノ家 追分」(住所:台東区浅草5丁目37番7号)

吉田兄弟の兄・良一郎氏など多くのプロを輩出した、全国的に有名な民謡酒場。浅草で行われた「津軽三味線コンクール全国大会」の優勝者をはじめ、数々の津軽三味線大会の優勝者が現在も多数在籍している民謡界の登竜門的なお店です。「ましろのおと」原作者の羅川先生も訪れています。

ふるさと交流ショップ 台東(住所:台東区浅草4丁目36番5号)


全国各地の自治体が1週間単位で入れ替り、各地の魅力を発信する新しい形のアンテナショップです。毎週新鮮で珍しい特産品が揃い、懐かしいふるさとの魅力に出会えます。

お問い合わせ

観光課 フィルム・コミッション担当

電話:03-5246-1151

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで