このページの先頭です
このページの本文へ移動

国際協力機構(JICA)が発行するソーシャルボンドの購入について

ページID:419892031

更新日:2022年2月7日

台東区は、基金の運用を通じた社会貢献の取組みとして、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する「ソーシャルボンド(社会貢献債)」を購入しました。このソーシャルボンドにより調達された資金は、JICAの有償資金協力業務(石炭火力発電事業への出融資を除く)に充当される予定です。

JICAが発行する債券への投資は、開発途上地域の貧困削減・持続可能な経済成長支援を後押しし、また地球規模の社会課題の解決に貢献することで持続可能な国際社会づくりにつながるものです。

JICAは、国際資本市場協会(ICMA)が公表する「ソーシャルボンド原則」に適合したソーシャルボンドを国内市場で初めて発行しており、2016年9月以降、JICAが国内市場で発行するすべての債券はソーシャルボンドとして発行されています。加えて、2019年12月に改定された日本政府の「SDGs実施指針改定版」においてSDGsを達成するための具体的施策のひとつとして位置づけられています。


お問い合わせ

会計課出納担当

電話:03-5246-1383

ファクス:03-5246-1389

本文ここまで

サブナビゲーションここまで