江戸下町伝統工芸館

江戸下町伝統工芸館とは

 台東区は、江戸の昔からの庶民の町、江戸文化発祥の町であり、商業・文化の中心地として栄えてきました。 今なお、江戸時代からの神社仏閣や、粋でいなせな町人気質、職人が培った伝統産業など、江戸の面影を残す都内随一の史跡、文化を擁しています。
 このような下町の歴史と風土の中で育まれ、受け継がれてきた伝統技能を伝える職人さんが台東区には多く、鍛えられた技と選び抜かれた材料とで作る伝統工芸品には、量産製品からは感じとることのできない暖かな温もりと味わいがあり、私たちに豊かさと潤いを与えてくれます。
 江戸下町伝統工芸館(平成9年オープン)では、このような伝統工芸品を広く紹介するとともに、より多くの皆さんに親しんでいただけるよう、職人による実演や手づくり教室などを開催しています。

伝統工芸品に出会う

江戸下町伝統工芸館では、江戸簾(すだれ)・東京桐たんす・江戸指物など、約45業種350点余りを常設展示しています。
また、江戸べっ甲展や江戸手描提灯展といった、1業種にスポットを当てて紹介する「作品展」も、年に数回開催しています。

伝統工芸を感じる

江戸下町伝統工芸館では、毎週土曜日・日曜日に職人による「製作実演」が行われ、長年培われてきた伝統の技を、実際に見ることができます。
また、「ビデオコーナー」では、伝統工芸品の製作工程をわかりやすく解説したビデオ30タイトルがございますので、ぜひご覧ください。
(こちらの伝統工芸ビデオは貸し出しも行っております。詳しくはこちらをご覧ください。)

伝統工芸品をつくる

江戸下町伝統工芸館では、職人を講師に迎えた「手づくり教室」を開催しています。
(事前申し込みが必要です。参加者募集は、このホームページで随時お知らせしていきます。)
職人が使用するものと同じ材料を使い、オリジナルの逸品を作ってみませんか。

催しのご案内


江戸伝統工芸館の外観写真


館内の展示室の写真

来館案内

台東区浅草2丁目22番13号(⇒外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地図はこちら(外部サイト)

交通アクセス

※江戸下町伝統工芸館には、駐車場はありません。