このページの本文へ移動

美人董氏墓誌銘

ページID:514269370

美人董氏墓誌銘

美人董氏墓誌銘

美人董氏墓誌銘

美人董氏墓誌銘

隋・開皇17年(597)

作品解説美人という女官を務め、19歳の若さで没した董氏の墓誌銘の拓本。

彼女はしとやかで美しく、素直で目上の人には恭しく、親には従順であり、その笑顔は千金に値した。しかし病により夭折したという。

清時代・嘉慶(かけい)年間末~道光年間初に陝西省より出土したが、のちに所在が不明となった。隋時代を代表する楷書作品の一つとして知られる逸品であり、当館所蔵のような原拓本は非常に貴重である。

限りなく肉筆に近く、そして文字の造形性にも優れている。小振りな字ではあるが、筆の強弱による線の変化がよく効いていることがわかる。