*

台東区ヴァーチャル美術館では、区が所蔵する美術作品(日本画 油画 版画)を紹介いたします。

敦煌莫高窟壁画第285窟 西壁 正龕南側部分 敦煌莫高窟壁画第285窟 西壁 正龕南側部分
敦煌莫高窟壁画第285窟 西壁 正龕南側部分 敦煌莫高窟壁画第285窟 西壁 正龕南側部分

敦煌莫高窟壁画第285窟 西壁 正龕南側部分(西魏)
横尾 英子

( 昭和59年度 172.5cm × 99.0cm )

画像をクリックすると拡大します

壁画について 3面8臂のヴィシュヌ神が足を組んで座っている。上方の手に日をかざし、中央の黒い手に貝と法輪をとる。ヴィシュヌ神はインドのバラモンの神であったが、後にヒンドュー教の三大神の一つとなった。ヴィシュヌ神の下には2力士、さらに2天王が鎧姿で手には武器を持つ。
制作者の紹介 1960 年東京都生まれ
1985 年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
日本美術院院友推挙
2015 ~
2019 年
「昭和天皇実録」帯原画全19冊制作(宮内庁監修)
主な展示会 1983 年第68回院展初入選(以後毎年出品)
1984 年第39回春の院展初入選('87・'90年 外務省買上)
1986 年第1回有芽の会(以後毎年出品)
作者のHP http://eiko.yokoo-art.com/
*