*

台東区ヴァーチャル美術館では、区が所蔵する美術作品(日本画 油画 版画)を紹介いたします。

敦煌莫高窟壁画第380窟 東壁南側天王(隋末唐初) 敦煌莫高窟壁画第380窟 東壁南側天王(隋末唐初)
敦煌莫高窟壁画第380窟 東壁南側天王(隋末唐初) 敦煌莫高窟壁画第380窟 東壁南側天王(隋末唐初)

敦煌莫高窟壁画第380窟 東壁 南側天王(隋末唐初)
福島 恒久

( 平成15年度 206.5cm × 98.3cm )

画像をクリックすると拡大します

壁画について 大らかな線と伸びやかな塗りに特徴のある多聞天型の画像である。細くくびれたウェストや天衣の表現などは、素朴ながら優雅な動きが感じられ、柔らかな顔の表情と相まって、清々しい。この絵は後の時代に上から覆われて別の絵が描かれていたようで、被せられた絵を剥がした跡が残っている。画面、特に半分より下の部分には夥しい傷が痛々しく、左側から下部の邪鬼の部分は判然としない。しかし、代赭色、ラピス色は今も鮮やか、目を喜ばせてくれる。
制作者の紹介 1978 年埼玉県生まれ
2002 年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2004 年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
修了制作 帝京大学買上
現在作家として活動中
栃木県佐野市葛生伝承館においてフレスコ壁画制作中(2020年頃完成予定)
*