このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

旧柏湯所蔵資料

更新:2010年11月4日

松田里う
平成9年度登載

旧柏湯所蔵資料は、幕末から明治・大正・昭和における銭湯(古い言葉では湯屋ゆやといいます)の歴史を今日に伝える古文書群で構成されます。また、江戸時代の銘がある湯屋鑑札は、数少ない実物資料として重要なものです。震災や戦災により、大量の文字資料を失った台東区にとって、これらの資料は貴重であるため、一括して、区民文化財台帳に登載いたしました。
 湯屋鑑札は、ケヤキの板(高さ64センチメートル)に十番組湯屋とあり、その下に、
文化 十組定 庚午
と刻まれるものです。文化庚午は文化7年(1810)に当たります。それまでは、江戸における湯屋仲間(組合)は未公認でしたが、仲間内の湯銭(入浴料)の価格決定などで不都合が生じるため、この年の5月初めて幕府に認められました。本資料はこのときに作られた鑑札で、所蔵者の柏湯で大切に保管されていました。
 柏湯の創業は、天明7年(1787)といわれており、都内でも歴史が長い銭湯です。柏湯を代々営んできた松田家6代目の力治りきじさん(故人)のとき(平成4年)、残念ながら廃業しました。
 古文書こもんじょは、弘化2年(1845)と安政6年(1859)のものが2通、それと2帖に仕立てられた貼交帖はりまぜじょうに、幕末より昭和初期に至る古文書が、250点以上貼り込まれています。

貼交帖の中の古文書(東京教育博物館が湯屋に植木の払い下げを許可する手紙、明治期)
貼交帖の中の古文書(東京教育博物館が湯屋に植木の払い下げを許可する手紙、明治期)

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る