このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

下谷地区板碑群

更新:2010年11月4日

七ヶ寺(谷中他)
平成2年度登載

下谷地区の寺院には、16基の板碑が現存しますが、区外より流入したことが明らかな3基を除いた13基は、下表のように谷中(9基)と根岸・三ノ輪(4基)の2地区に分布しています。谷中、根岸・三ノ輪は、ともに江戸時代以前の文献に記されている地域ですが、板碑の存在は文献の記述を裏付け、当時の信仰の状況を伝えています。

 13基の板碑の造立年代は13世紀後半から16世紀前半の長きにわたりますが、これを地域別に分類すると、13世紀後半の4基は谷中に限られ、根岸・三ノ輪は14世紀前半から造立されています。谷中には、縄文時代からの遺跡があり、区内でもっとも早く開発された地域ですが、板碑の造立も根岸・三ノ輪より先んじて行われたことがうかがえます。

 また、主尊では阿弥陀如来の種子が谷中で5基、根岸・三ノ輪で4基を数え、両地域とも阿弥陀信仰が盛んであったことを示しています。

 13基の板碑群は、江戸時代以前のこの地域を語る貴重な歴史資料です。

下谷地区板碑群
下谷地区板碑群

谷中五丁目2番22号(長安寺4基)
年代 西暦 主尊
建治2年 1276 4   阿弥陀一尊 107 33
弘安8年 1285 8   阿弥陀一尊 59 23
正安2年 1300 2 5 不明 58 37
応永3年 1396 3 阿弥陀三尊 86 26
谷中四丁目2番37号(永久寺2基)
年代 西暦 主尊
年代不明       観音図像 76 33
年代不明       阿弥陀一尊 63 23
谷中一丁目7番41号(妙福寺1基)
年代 西暦 主尊
永仁2年 1294     釈迦一尊 57 22
上野桜木二丁目6番4号(浄名院2基)
年代 西暦 主尊
応永年間 1394〜1428 10 29 阿弥陀一尊 63 18
年代不明       阿弥陀一尊 45 30
根岸三丁目13番22号(世尊寺1基)
年代 西暦 主尊
貞治4年 1365 11   阿弥陀一尊 51 16
根岸五丁目18番5号(薬王寺1基)
年代 西暦 主尊
正平7年 1352 2   阿弥陀三尊 86 30
三ノ輪二丁目14番5号(永久寺2基)
年代 西暦 主尊
嘉暦3年 1328 8   阿弥陀一尊 53 25
享禄2年(寺伝) 1529 11 23 阿弥陀三尊 83 27

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)
電話:03-5246-5828  ファクス:03-5246-5814
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る