このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

事業者の資源の出し方

更新:2016年6月24日

自己処理責任

会社やお店、テナントビル等から排出される資源は、事業者自身が責任をもって処理すること、いわゆる「自己処理責任」が法令によって定められています。
また、廃棄物の発生を抑制し、リサイクルを行うなど、ごみの減量をする責任も求められています。

資源を自己処理できない場合は

事業系資源を自ら処理できない場合は、次のいずれかの処理方法を選択してください。

  1. 許可業者に処理を委託する
  2. オフィスリサイクルシステムを利用する
  3. 区の資源回収を利用する

許可業者に処理を委託する

1日50kg以上の資源を排出する事業者や、毎日収集に来てもらいたい事業者は民間の許可業者に処理を委託してください。
また、既にごみ処理を許可業者に委託している場合は、資源の処理も委託することが可能な場合があります。委託業者にご相談ください。

  1. 東京都環境衛生事業協同組合 台東区支部  電話:03-5827-3103
  2. 東京廃棄物事業協同組合  電話:03-3232-6249
  3. (社)東京産業廃棄物協会  電話:03-5283-5455

オフィスリサイクルシステムを利用する

台東オフィスリサイクルシステムとは、区内にあるリサイクル業者が、古紙や飲料容器を事業所から直接、定期的に回収するリサイクルシステムです。
1回の排出量が50kg以上になったら回収に伺います。
オフィスリサイクルシステムを利用すれば、有料ごみ処理券で出すより安価ですみます。

回収品目と参考料金

お申し込みは直接下記まで

台東リサイクル事業協同組合 事務局
電話:03-5824-0684

区の資源回収を利用する

少量(1日50kg未満)の事業系資源に限り、「有料ごみ処理券」を貼ったうえで決められた資源回収日に排出することができます。
排出することができる資源は、「古紙類」「びん」「」「ペットボトル」「食品発泡トレイ・カップ」です。
資源もごみと同様「有料」となります。十分ご注意ください。

注:びん、缶、ペットボトル、食品発泡トレイ・カップは、別々の袋に入れたうえで、一つの袋にまとめ、袋の容量に見合った有料ごみ処理券をお貼りください。

会社やお店から出る資源の分け方・出し方

以下の品目は、よく間違った排出が見受けられるものです。十分ご注意ください。

※有料ごみ処理券は、区内の商店やコンビニエンスストア、台東清掃事務所で購入できます。
※区の施設で回収する拠点回収(乾電池、廃食油、古布、ビデオテープ類、小型家電)には、事業所から出る資源は出すことができません。
※店舗と住宅が同じ建物内にある場合は、事業系ごみと家庭ごみを分けて、事業系ごみに有料ごみ処理券を貼ってください。

お問い合わせ

清掃リサイクル課
電話:03-5246-1291

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る