このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

妊婦健康診査

更新:2018年3月6日

「妊婦超音波検査受診票」を追加交付します

 平成30年4月より、妊娠届を提出された妊婦の方に「妊婦超音波検査受診票」2枚交付します。
 平成30年3月31日以前に妊娠届を提出された妊婦の方には、平成30年4月1日以降に1枚追加交付しますので、下記の交付窓口まで母子健康手帳を持参の上、来所いただきますようお願いします。
 ※都内転入の方は、前住所地等で受けている交付枚数が1枚のみの場合、追加交付します。

交付窓口

  • 台東保健所2階保健サービス課 03-3847-9497
  • 浅草保健相談センター 03-3844-8171

「C型肝炎抗体検査」助成時期の変更について

平成30年4月より、1回目の妊婦健康診査受診票(水色)で「C型肝炎抗体検査」の費用の一部助成を行います。
 平成30年3月31日以前に妊娠届を提出された妊婦の方にお渡ししている1回目の妊婦健康診査受診票(水色)に「C型肝炎」の記載はありませんが、平成30年4月以降に使用される場合は「C肝炎抗体検査」が助成の対象となります。
 なお、平成30年3月31日までは、「C型肝炎抗体検査」は、2回目以降の妊婦健康診査受診票(黄色)の助成対象の検査項目の中に含まれています。
 1回目の妊婦健康診査受診票(水色)の使用時期については、主治医にご相談ください。

妊婦健康診査受診票のご案内

 元気な赤ちゃんを産むためにはお母さんの健康を保つことが大切です。
 お母さんの健康のため、また母子感染を防ぐために定期的な健康診査を受けましょう。

1 妊婦健康診査受診票

 台東区では、この定期的な健康診査のうち、医療機関で妊娠確定し、母子健康手帳交付後の初回の検査、その後の2回目以降の検査、超音波検査(経腹法)、子宮頸がん検診(細胞診)の費用の一部を助成しています。
 「母と子の保健バッグ」に「妊婦健康診査受診票」(1回目用:水色1枚、2回目以降用:黄色13枚)、「妊婦超音波検査受診票」(白色:1枚 ※平成30年4月より2枚)「子宮頸がん検診受診票」(桃色:1枚)が同封されています。
 都内委託医療機関で使用できますので、使用時期等については医療機関とご相談の上お使い下さい。

2 妊婦超音波検査および子宮頸がん検診

 超音波検査受診票(白色)で超音波検査(経腹法)が1回(平成30年4月より2回)受けられます。 
 子宮頸がん健診受診票(桃色)で子宮頸がん検診(細胞診)が1回受けられます。
 医療機関とご相談の上、妊婦健康診査受診票と一緒にご利用下さい。

3 使用上のご注意

 また、自費による受診でも、受診票に記載のない検査や診察のみの場合には受診票は使用できません。
 受診の内容については、医療機関にお問い合わせください。

 (1)受診票の太わく内は、自分で記入し病院や医院の受付に申し出てください。
 (2)公費負担による妊婦健康診査は、都内のほとんどの病院や医院で受けられます。受診可能な病院や医院は、下記へお問い合わせ下さい。
 (3)他の道府県に転出された場合は、この受診票を使用することはできません。妊娠中に台東区から転出される場合、妊婦さんへの助成等については、転出先の自治体へ直接お問い合わせください。なお、都内での転居の場合は、受診票をそのまま使用できます。
 (4)受診票は、原則として再発行はできません。汚損した場合は、汚損した受診票と引き換えに新しい受診票をお渡しします。
 (5)受診票に記載の検査項目については、公費負担の対象となります。その他の検査項目や産科診察料等で公費負担額を超えた場合に自己負担額が発生する場合がありますので、ご了承下さい。

お問い合わせ

台東保健所 保健サービス課母子成人保健担当
電話:03-3847-9481

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る