このページの先頭です
このページの本文へ移動

中央図書館 特集コーナーのご案内

ページID:728632639

更新日:2023年1月22日

 中央図書館で開催している特集コーナーを紹介します。
 児童向けの特集コーナーは、こちらで紹介しています。

 

生誕100年 池波正太郎

期間

令和5年1月20日(金曜日)から令和5年3月15日(水曜日)まで

内容紹介

台東区ゆかりの作家池波正太郎は、1923年(大正12年)1月25日に生まれ今年生誕100年を迎えます。
池波正太郎生誕100年事業の一環として同年生まれの作家とともに特集を組みました。
今もたくさんの読者から熱い支持を得ている池波ワールドを是非体感してください。
池波正太郎記念文庫では、生誕100年を記念して多くの事業を予定しています。
詳しくは、こちらのサイトでご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。池波正太郎記念文庫(外部サイト)
池波正太郎生誕100年事業

生誕100年 司馬遼太郎・遠藤周作

期間

令和5年1月20日(金曜日)から令和5年3月15日(水曜日)まで

内容紹介

池波正太郎と同年生まれの作家司馬遼太郎と遠藤周作の特集を組みました。
司馬遼太郎は、1923年(大正12年)8月7日大阪府大阪市で生まれました。
1960年(昭和35年)、『梟の城』で直木賞を受賞。
主な作品として、『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『街道をゆく』など。
新聞記者を経て、直木賞受賞後専業作家となり、時代小説・歴史小説・紀行・エッセイ
・ノンフィクションなど多数の著作を残しました。1996年(平成8年)死去。
遠藤周作は、1923年(大正12年)3月27日現在の東京都豊島区で生まれました。
1955年(昭和30年)、『白い人』で芥川賞を受賞。
主な作品として、『海と毒草』『沈黙』『キリストの誕生』など。
12才でキリスト教の洗礼を受け1953年(昭和28年)にはフランスで留学生活を送りました。
日本人としてのキリスト教精神を生涯のテーマとした作品を書き続けました。
「狐狸庵先生」の名で親しまれ、ユーモアあふれるエッセイでも有名です。1996年(平成8年)死去。

生誕100年 佐藤愛子

期間

令和5年1月20日(金曜日)から令和5年2月15日(水曜日)まで

内容紹介

池波正太郎・司馬遼太郎・遠藤周作と同年生まれの作家、佐藤愛子の特集を組みました。
1923年(大正12年)11月5日大阪府大阪市生まれ今年満100歳を迎えます。
小説家佐藤紅緑の次女として出生。異母兄に詩人・サトウハチローと脚本家・劇作家の大垣肇。
1969年(昭和44年)、『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を受賞。
主な作品として、『血脈』『晩鐘』『九十歳。何がめでたい』など。

2階 視聴覚コーナー

ほんわか

特集コーナークリスマスのポスターです。詳細は内容紹介でご確認ください。

期間

令和4年12月26日(月曜日)から令和5年3月15日(水曜日)まで

内容紹介

寒さが厳しくなってきました。
こんなときは、ちょっと一息ついてみませんか。
ほんわかした気分になれる CD・DVDを集めてみました。

台東区映像アーカイブ

内容紹介

台東区では、区内の懐かしい風景や行事、お祭りの様子などの8ミリや16ミリフィルムに記録された貴重な映像を収集し、デジタル化を進めています。
戦中・戦後直後の風景、また昭和30~50年代の区の様子が、鮮明な映像としてDVDに収録されています。
視聴覚コーナーにて貸し出していますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせ

中央図書館

電話:03-5246-5911