このページの先頭です
このページの本文へ移動

「AI美芸展『AI芸術の先駆と拡張』~自動ピアノ・四分音・生成AI~」開催のご案内(本企画は終了しました)

ページID:717769399

更新日:2023年11月2日

AI美芸展「AI芸術の先駆と拡張」~自動ピアノ・四分音・生成AI~

自動演奏ピアノと、全てのピッチを四分音低く調律したピアノによる一日限りの音楽コンサートと、AIアート展を開催します。

人工知能(AI)以前の技術である自動ピアノのための作曲を「AI芸術の先駆」、
人間には耳慣れない四分音による作曲を「人間美学の拡張」、
今日の生成AIによる作曲や作画を「AI芸術の拡張」と位置づけ、
これら三者の交わりから生まれる、新たな機械美学をご堪能ください。

詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)をご覧ください。

【ダウンロード】
AI美芸展チラシ(PDF:5,206KB)

企画実施当日の様子(レポート)

企画実施の様子はこちらのレポートをご覧ください。

日程

 令和5年9月2日(土曜日) 
 ※本企画は終了しました

スケジュール

 【展示】13:00開場/18:00閉場
 【コンサート】14:00開演/17:00終演

会場

 旧東京音楽学校奏楽堂(台東区上野公園8-43)

プログラム

(1) 音楽コンサート第1部:自動ピアノ
 コンロン・ナンカロウ《自動ピアノのための習作》より
 AI愛護団体+生成AI《自動ピアノ曲》(初演)

(2) AI美芸展2023 第46回AI美芸研シンポジウム「AI芸術の先駆と拡張」

(3)音楽コンサート第2部:自動ピアノ+四分音ピアノ
 人工知能美学芸術研究会《2台のピアノのための四分音ハノン》
 AI愛護団体+生成AI 《自動ピアノと四分音ピアノのための二重奏曲》(初演)

(4)AIアート展
 コンロン・ナンカロウ《自動演奏ピアノのための習作》のピアノロール
 AI愛護団体+生成AI《プロンプト》 (新作)
 ウォルフガング・ハイシグ《パンチマニフェスト》
 他

出演者

 大瀧拓哉(ピアニスト)
 柿沼敏江(音楽学者、京都市立芸術大学名誉教授)
 中ザワヒデキ(美術家、特定非営利法人AI愛護団体、人工知能美学芸術研究会)
 草刈ミカ(美術家、特定非営利法人AI愛護団体、人工知能美学芸術研究会)
 ※ナンカロウ洋子・マコ氏からのビデオレター上映あり。

定員

 300名(先着順)

チケット料金

 前売(学生・一般) 3,000円
 当日(学生)    3,000円
 当日(一般)    3,500円

予約方法

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予約フォーム(こちら)からお申し込み(外部サイト)ください。
 ※前売券は上記予約フォーム(Peatix)にて、9月1日(金曜日)23:59まで販売予定です(限定250枚)。
 ※当日券は会場専用窓口でお求めください。学生の方は学生証のご提示で前売券と同価格となります。

諸注意

 会場の旧東京音楽学校奏楽堂が重要文化財のため、次の規定がございます。
 1. 花束のホール持込禁止。
 2. 下駄・サンダルでの入館禁止。
 3. 飲食不可。
 また、会場には駐車場やエレベーターがございません。介護等が必要な方は予め下記問合せ先(AI愛護団体)までご相談ください。
 発熱等の体調不良の場合には来場をお控えください。購入した前売券のキャンセルはやむを得ない場合のみ、下記問合せ先(AI愛護団体)までご相談ください。

お問合せ

 AI愛護団体
 yoyaku@ai-aigodantai.org

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

文化振興課担当(芸術・芸能支援)

電話:03-5246-1328

ファクス:03-5246-1515

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで