このページの先頭です
このページの本文へ移動

東京2020大会における事業実績及びレガシーについて

ページID:998328856

更新日:2022年2月25日

台東区の取り組み方針について

区では、平成28年3月に「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた台東区の取り組み方針」を策定し、東京2020大会の開催に向けた取り組みを推進することで、その成果を、レガシーとして、地域の更なる活性化や、区民生活の一層の向上等に繋げるため、各種施策に取り組んできました。

この取り組み方針は、台東区長期総合計画などに示す東京2020大会に向けた取り組みなどを踏まえ、「スポーツ、文化、教育、おもてなし/ボランティアの活用/情報発信、安全安心/環境」の5つの分野と、それぞれの分野に関連する横断的な取り組みで重点的に進めることが望ましい「3つの重点施策」で構成され、平成28年度から、東京2020大会が開催された令和3年度まで、各種施策に取り組んだものです。

事業実績及びレガシーについて

「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた台東区の取り組み方針」で定めた5つの分野に基づく、各事業の実績及びそれら事業の成果であるレガシー(大会後の有形・無形の遺産)についてまとめました。
取り組み方針に基づき、これまで様々な事業を実施して参りましたが、それら事業の成果であるレガシーについて、今後、将来を担う子供たちを含めた区民の皆様に、継承していくよう、取り組んで参ります。

【事業数】
全体97事業
内訳:「実施」54事業、「概ね実施」41事業、「未実施」2事業

【上記事業のうちレガシーとして今後も継続する事業】
72事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務課総務係

電話:03-5246-1052

ファクス:03-5246-1019

本文ここまで

サブナビゲーションここまで