このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東アートギャラリーのご案内

更新:2020年3月27日

「台東アートギャラリー」

ギャラリーの全体の写真

台東区では、多くの方が気軽に芸術にふれることができる場として、平成17年に「台東アートギャラリー」を区役所1階に設置しました。
このギャラリーでは、区が所蔵する絵画や造形作品を展示しています。
作品は随時、展示替えを行い、皆さんに楽しんでもらえるギャラリーを目指しています。
現在の展示作品は下記のとおりです。お気軽にお立ち寄りください。

  • 場所

  • 台東区役所 本庁舎1階(上野駅寄り)

  • 時間

月曜日から金曜日(水曜日を除く)
午前8時30分から午後5時15分
水曜日 午前8時30分から午後7時
毎月第2日曜日 午前9時から午後5時

台東区長賞受賞作品を展示しています。               

令和2年4月10日(金曜日)まで展示します。

※令和元年度展示スケジュールについては、こちらをご確認ください。

敦煌莫高窟壁画第445窟 北壁 弥勒浄土変相 (盛唐) (左) 鈴木恵麻 作

敦煌莫高窟壁画第445窟 北壁 弥勒浄土変相 (盛唐) (中央左) 菊地信治 作

敦煌莫高窟壁画第445窟 北壁 弥勒浄土変相 (盛唐) (中央右) 尾崎由紀奈 作

敦煌莫高窟壁画第445窟 北壁 弥勒浄土変相 (盛唐) (右) 山下健一郎 作

台東区長賞受賞作品について

台東区長賞受賞作品を台東区ヴァーチャル美術館でご紹介しています。 そのほか、敦煌莫高窟壁画・法隆寺金堂壁画の模写作品もご紹介しています。 
ヴァーチャル美術館はこちらをクリックしてください。→台東区ヴァーチャル美術館
 

金工

宮田亮平 作
【作者紹介】
文化庁長官(平成28年4月1日就任)
東京藝術大学 学長 (平成17年12月21日から平成28年3月31日)
日展(会員・理事)
現代工芸美術家協会(常務理事・審査)

日輪にちりん

日輪

彫塑

朝倉文夫 作品 及び 朝倉文夫コレクション外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。朝倉彫塑館(外部サイト) 蔵)
【作者紹介】
日本近代彫塑の基礎を築く。1948年文化勲章受章。1961年台東区名誉区民となる。

「餌ばむ猫」

「鋳銅鶴首花入(じゅどうつるくびはないれ)」/岡崎雪聲(おかざきせっせい)作 (1854〜1921)
※画像掲載なし
唐物古銅器こ頃より存在する姿を連綿と受け継いだ近代の優品。作者岡崎雪聲(1854〜1921)は、「西郷隆盛像」(上野)、「楠公馬上像」(二重橋前)、「獅子麒麟像」(日本橋)など明治を代表する大作を鋳造する一方、こうした古典に則った小品も数多く制作し、鋳金作家としても活躍した。
岡崎の次女は朝倉文夫の実兄渡辺長男(彫塑家)に嫁いでおり、渡辺はもとより朝倉の初期作品の鋳造も手掛けている。住居も谷中初音町にあり、フェノロサや岡倉天心とも親しく、東京美術学校の関係者や卒業生とも縁が深かった。

お問い合わせ

文化振興課連携担当
電話:03-5246-1153  ファクス:03-5246-1515
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る