このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台東アートギャラリーのご案内

更新:2018年1月14日

「台東アートギャラリー」

ギャラリーの全体の写真

台東区では、多くの方が気軽に芸術にふれることができる場として、平成17年に「台東アートギャラリー」を区役所1階に設置しました。
このギャラリーでは、区が所蔵する絵画や造形作品を展示しています。
作品は随時、展示替えを行い、皆さんに楽しんでもらえるギャラリーを目指しています。
現在の展示作品は下記のとおりです。お気軽にお立ち寄りください。

    場所

    台東区役所 本庁舎1階(上野駅寄り)

    時間

月曜日から金曜日(水曜日を除く)
午前8時30分から午後5時15分
水曜日 午前8時30分から午後7時
毎月第2日曜日 午前9時から午後5時

「敦煌莫高窟壁画」の模写作品を展示しています。                       

平成30年2月9日(金曜日)まで展示します。

敦煌莫高窟壁画第220窟 東壁 門上仏説法図(初唐)(左)  矢沢 正文 作

【作者紹介】
1967 年 長野県生まれ
1992 年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1995 年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
1998 年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程満期退学
【壁画について】
この壁画図は法隆寺金堂壁画との関連があり、1995年に開催された「法隆寺再現壁画展」に参考出品された作品です。私の描いた場面は、立姿の菩薩様です。現状模写ではわかりづらい所もありましたが、形の優美さがとても印象に残りました。彩色された色もさることながら、あくまでも形が生きている。東洋画のすばらしさがここにあると思います。

『敦煌莫高窟壁画第220窟 東壁 門上仏説法図(初唐)(中)』 只内 寿則 作

【作者紹介】
1993 年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1995 年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
現在   日本美術院院友

【壁画について】
奈良の法隆寺金堂壁画に年代、様式ともに最も近いといわれている壁画です。保存状態の最大の特徴としては、色彩の劣化が少ないことです。衣の朱の色や緑青、肌のピンクも1300年以上も経ったとは思えないほど鮮明に残っています。これは壁画が描かれた初唐から2、300年が経った宋代(960〜1279)に、漆喰で塗り潰し、別の絵が描かれ、その後解明されて剥がされる800年近い年月の間、いわばコーティングされていたということによるものです。

『敦煌莫高窟壁画第220窟 東壁 門上仏説法図(初唐)(右)』 高井 美香 作

【作者紹介】
1966 年 京都府生まれ
1993 年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1995 年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
現在   日本美術院研究会員

『敦煌莫高窟第220窟 東壁 門上仏説法図部分(初唐)』 小畑 薫 作

【作者紹介】
1978 年 和歌山県生まれ
2002 年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2004 年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
現在   日本美術院院友

【壁画について】
220窟に入って振り返ると、入口の上部に9体の像が描かれている。仏3体がそれぞれ菩薩2体を従えている図である。この模写は、平成6年度模写、東壁門上仏説法図の6体に続く右側(南側)3体の部分にあたり、平成2年度模写、東壁南側維摩経変相の上部に位置している。壁画が描かれた貞観16年(642)は、法隆寺壁画が描かれたとされる時期に近く、その源流ともいわれている。宋代の壁画を剥離して現れたこの窟の壁画は描かれた当時の色彩が鮮やかに残っている。

台東区長賞受賞作品について

台東区長賞受賞作品を台東区ヴァーチャル美術館でご紹介しています。 そのほか、敦煌莫高窟壁画・法隆寺金堂壁画の模写作品もご紹介しています。 
ヴァーチャル美術館はこちらをクリックしてください。→台東区ヴァーチャル美術館
 

金工

宮田亮平 作
【作者紹介】
文化庁長官(平成28年4月1日就任)
東京藝術大学 学長 (平成17年12月21日から平成28年3月31日)
日展(会員・理事)
現代工芸美術家協会(常務理事・審査)

日輪にちりん

日輪

彫塑

朝倉文夫 作外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。朝倉彫塑館(外部サイト) 蔵)
【作者紹介】
日本近代彫塑の基礎を築く。1948年文化勲章受章。1961年台東区名誉区民となる。


ばむねこ』 

『深田氏の像』

お問い合わせ

文化振興課連携担当
電話:03-5246-1153

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る