このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

公衆浴場(銭湯)

更新:2019年10月1日

公衆浴場(銭湯)とは?

 公衆浴場とは、「温湯、潮湯又はその他を使用して、公衆を入浴させる施設」と定義されています。公衆浴場は、さらに「一般公衆浴場」と「その他の公衆浴場」に分類されます。いわゆる銭湯とは、この「一般公衆浴場」に該当し、地域住民の日常生活において保健衛生上必要なものとして利用されている施設です。
 

入浴料金

 銭湯は、都道府県ごとに入浴料金が決められていて、区内の銭湯であれば、どこでも同じ料金で入浴することができます。現在の入浴料金は、以下のとおりとなっています。
 

大人(12歳以上) 470円
中人(6歳以上12歳未満) 180円
小人(6歳未満) 80円

※サウナ等を利用される場合は、追加料金が必要になります。
 

台東区の銭湯

 台東区には、現在25軒(1軒休業中)の銭湯があります。これは、人口及び面積に対する軒数の割合が、東京都の自治体のなかで最も高いものとなっています。
 また、区内の各銭湯には、昔の趣が残っていたり、サウナや露天風呂などの設備があったりするなど、それぞれ違った魅力があります。
 さらに、近年では、シャンプーやボディーソープなどが常備してあったり、貸タオルがあったりするなど、とても利用しやすくなっています。
 ぜひこの機会に、広い湯船に浸かって、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがですか。
 

区内銭湯一覧

銭湯の主な催事

大江戸 台東湯めぐり 銭湯浪漫


 毎年3月の最終週に、お客様へ日頃の感謝を込めて、各銭湯にて先着でタオルを差し上げています。

菖蒲湯


 菖蒲湯(しょうぶゆ)とは、菖蒲の根や葉を入れて涌かすお風呂のことで、毎年5月5日の端午の節句の日に行われます。菖蒲湯には、血行促進や疲労回復に効果があると言われています。

スタンプラリー


 毎年夏頃に、区内全ての銭湯を対象としたスタンプラリーを開催しています。令和元年度に実施した「フロマラソン2019」では、条件を達成された方に記念タオルが贈呈されました。

ラベンダー湯


 毎年10月10日(銭湯の日)に行います。ラベンダー湯は、ヨーロッパで広く行われているハーブ浴のひとつで、心身のリラックスや免疫力の向上など、優れた薬効が知られています。

柚子湯


 冬至の日に湯を沸かして沐浴したのが柚子湯(ゆずゆ)のはじまりで、昔から、柚子湯に入れば風邪をひかないと言われています。

リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉課福祉振興係
電話:03-5246-1172  ファクス:03-5246-1059
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る