このページの先頭です
このページの本文へ移動

浮遊粒子状物質経年変化

ページID:143885459

更新日:2020年12月18日

浮遊粒子状物質(SPM)

 汚染がひどい地域で生活していると、呼吸器疾患をもたらすといわれています。浮遊粒子状物質は、ディーゼル車からの排出ガスによる影響が大きいため、東京都では平成15年からディーゼル車規制を実施しています。大気中の濃度が微量に増加することもありますが、ここ数年減少傾向にあり、規制の効果によるものと思われます。台東区では平成16年度より環境基準を満たしています。
 また、浮遊粒子状物質のうち粒径が2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子状物質(PM2.5)といいます。PM2.5についても、平成21年に国により基準が設けられ、調査及び対策の検討が進められています。
 東京都では現在、都内測定局全82局でPM2.5の測定を実施しています。結果については、東京都環境局ホームページ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京都大気情報」(外部サイト)でリアルタイムで確認することができます。

SPM経年変化グラフの図

※区部平均は、東京都環境局が設置する一般環境大気測定局の測定結果(年度平均値)を示す。
※大気汚染に係る環境基準について(浮遊粒子状物質)
 「1時間値の1日平均値が0.10mg/m3(立方メートル)以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3(立方メートル)以下であること。」

お問い合わせ

環境課公害指導相談担当

電話:03-5246-1283

ファクス:03-5246-1159

本文ここまで

サブナビゲーションここまで