このページの先頭です
このページの本文へ移動

二酸化窒素経年変化

ページID:776113009

更新日:2020年12月18日

二酸化窒素(NO2)

 自動車エンジン等において、化石燃料を燃焼する際に発生し、汚染がひどくなると、のどや肺を刺激し、呼吸器障害をもたらすといわれています。大気中の濃度は平成14年度まで横ばい状態でしたが、平成15年に開始された外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都のディーゼル車規制(外部サイト)などの対策により、徐々に改善しています。

二酸化窒素経年変化グラフの図

※区部平均は、東京都環境局が設置する一般環境大気測定局の測定結果(年度平均値)を示す。
※大気汚染に係る環境基準について(二酸化窒素)
「1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること。」

お問い合わせ

環境課公害指導相談担当

電話:03-5246-1283

ファクス:03-5246-1159

本文ここまで

サブナビゲーションここまで