このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

おたふくかぜワクチン(一部助成しています)

更新:2020年10月9日

おたふくかぜ予防接種は、任意予防接種であり、義務付けはありません。
接種を希望される方は、医師とよく相談のうえ、接種してください。

一部費用助成について

助成対象者

平成29年4月2日以降に出生した区内在住の満1歳以上就学前のお子さん

助成期間

1歳以上小学校就学前まで

助成回数

1回
※既におたふくかぜ予防接種を受けた方、おたふくかぜに罹患したことがある方は対象外です。

助成費用

3,500円

※接種費用のうち、1回分3,500円を区が負担します。
※任意接種ですので、接種費用は医療機関により異なります。残額は自己負担になります。

助成方法

1歳を迎える前月に予診票を送付します。予診票を医療機関にお持ちください。

接種場所

接種できる医療機関は「おたふくかぜ予防接種台東区単独協力医療機関名簿」でご確認ください。
医療機関によっては予約が必要な場合がございますので、あらかじめお問い合わせください。

※台東区独自の制度ですので、区外では受けられません

おたふくかぜとは

おたふくかぜは、流行性耳下腺炎あるいはムンプスとも呼ばれ、ムンプスウイルスによって起こる全身性感染症です。
2〜3週間の潜伏期の後、耳下腺・顎下腺・舌下腺等の唾液腺の膨張と圧痛を主症状として発症します。
周りの人に感染させる可能性がある期間は、発病数日前から耳下腺・顎下腺又は舌下腺の膨張が始まった後5日を経過するまでと考えられており、その間学校や保育所は出席停止となります。
年長児や成人が罹患すると、症状が著名で、合併症の頻度が高くなります。
合併症としては、精巣炎、卵巣炎、膵炎、腎炎、髄膜炎、髄膜脳炎および感音性難聴等があります。
感音性難聴は発症した場合、高度の難聴として障害を残すことが多いと言われており、おたふくかぜの合併症として最も警戒すべきものの1つと考えられています。

接種の方法

1歳と小学校入学前1年間の2回が望ましい

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 保健予防課予防担当
電話:03-3847-9471  ファクス:03-3841-4325
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る