このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

70歳から74歳までの方の医療(高齢受給者証)

更新:2019年7月5日

 国民健康保険に加入している方で、満70歳になった翌月の1日(1日生まれの方は誕生月)から、満75歳の誕生日の前日までは、保険証と 「国民健康保険高齢受給者証」 を併せて医療機関等の窓口に提示して受診します。

高齢受給者証の交付

  • 満70歳になった月(1日生まれの方は前月)の下旬に郵送します。
  • 高齢受給者証は、毎年8月1日に更新します。新しいものは7月下旬に郵送します。

窓口での負担金(一部負担金)

一部負担金の割合は、生年月日及び前年(1月から7月までは前々年)の課税所得によって決まります。

負担割合の決め方
一部負担金の割合 判定基準
2割 (1)又は(2)のいずれかに該当する世帯                                  (1)70歳から74歳の国民健康保険加入者全員の課税所得が145万円未満の世帯                                                          (2)昭和20年1月2日以降に生まれた70歳以上の国民健康保険加入者がいる世帯で、70歳から74歳の国民健康保険加入者全員の旧ただし書き所得の合計が210万円以下の世帯(旧ただし書き所得とは、前年の総所得金額及び山林所得金額並びに株式・長期(短期)譲渡所得金額等の合計から基礎控除額33万円を控除した額です。ただし、雑損失の繰越控除額は控除しません)
3割 上記(1)及び(2)以外の世帯

3割負担の方のうち、次にあてはまる方は負担割合の判定が変わることがあります

同一世帯内の70歳から74歳の国民健康保険加入者全員と旧国民健康保険被保険者(※)の年収の合計が520万円未満(70歳から74歳の国民健康保険加入者が1人の場合は383万円未満)の方は、申請により2割負担へ変更できる場合があります。

(※)旧国民健康保険被保険者とは、国民健康保険を脱退して後期高齢者医療制度に移行した方で、国民健康保険加入者と脱退日以降も継続して同一の世帯に属する方のことです。

高齢受給者証に関する問合せ先

  • 国民健康保険に加入している方は、

 国民健康保険課 資格係 電話:03-5246-1252

  • 職場の健康保険に加入している方は、

 職場の健康保険ご担当者様へ

お問い合わせ

国民健康保険課資格係
電話:03-5246-1252  ファクス:03-5246-1229
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る