このページの先頭です
このページの本文へ移動

「ダメ。ゼッタイ。」薬物乱用防止!

ページID:685570012

更新日:2020年12月28日

大麻の乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

 近年、若者の間で大麻の乱用が増加傾向にあります。その原因の1つとして大麻に関する誤った認識があります。
〇 合法化している国があるから危険性はない ⇒ 間違い!
〇 合法化している国で使用することは問題ない ⇒ 間違い!
〇 大麻は依存性がない ⇒ 間違い!

正しい知識を身に付けて、自分の身を守りましょう!!!

↓詳細は下記のチラシをご参照ください

【台東区選考】令和2年度 薬物乱用防止ポスター・標語 優秀作品

 台東区内中学校の生徒を対象に募集したところ、ポスター362点、標語723点の応募があり、台東区選考の結果、優秀作品各10点が選ばれました。
その中で会長賞を受賞したポスター・標語4作品を東京都に選出いたしました。

【東京都選考】令和2年度 薬物乱用防止ポスター・標語 入賞作品

 令和2年度薬物乱用防止ポスター・標語東京都選考入賞作品が決まりました。
ポスター部門にて、台東区から選出された忍岡中学校3年の江口 風舞輝(えぐち ふぶき)さんが優秀賞を受賞しました。おめでとうございます!

東京都選考 優秀賞 受賞


台東区立忍岡中学校 3年 江口 風舞輝さん

※その他の東京都薬物乱用防止ポスター・標語入賞作品はこちらで発表しています。

「ダメ。ゼッタイ。」薬物乱用防止!

 『危険ドラッグ(脱法ドラッグの新名称)』を摂取したことが原因とみられる事故が後を絶たず、薬物乱用の問題が一層深刻化しています。
 覚醒剤、麻薬、大麻などの薬物は、ヒトの中枢神経に影響を及ぼし、一度でも使用すれば取り返しのつかないことになります。また、『危険ドラッグ』の中には、何が含まれているかわからないものも多く、覚醒剤や麻薬よりも人体に影響が強いものも存在します。
 薬物乱用は、心も体もボロボロにし、使用した本人だけでなく、家族や周りの人にも不幸をもたらします。薬物乱用のない社会を作り上げるために、一人ひとりが薬物の恐ろしさを認識し、薬物を寄せ付けない信念を強く持ちましょう。

他機関へのリンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 生活衛生課医務薬事衛生担当

電話:03-3847-9416

ファクス:03-3841-4325

本文ここまで

サブナビゲーションここまで