このページの先頭です
このページの本文へ移動

幼児教育・保育の無償化

ページID:940044054

更新日:2020年8月28日

本年10月から幼児教育・保育の無償化が実施されます。

 
幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子供たち、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子供たちの利用料が無料となります。 

                                                                                                                                                                                                                                                

 幼稚園、保育所、認定こども園等


○幼稚園、認可保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの子供たちの利用料(延長保育料・副食費等を除く)が無償化されます。

○0歳から2歳までの子供たちについては、第1子の年齢を問わず、第2子半額、第3子以降の利用料が無償化されます(第1子は、従来通りの保育料となります)。 
                              

幼稚園の預かり保育


○無償化の対象となるためには、事前に区役所から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

○幼稚園の利用に加え、利用日数に応じて、最大月額1.13万円までの範囲で預かり保育の利用料が無償化されます。
                                                

認可外保育施設等


○無償化の対象となるためには、事前に区役所から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

○3歳から5歳クラスまでの子供たちは月額3.7万円まで、0歳から2歳クラスまでの住民税非課税世帯の子供たちは月額4.2万円までの利用料が無償化されます。

○認証保育所に月極で通われている方については、兄弟の状況等に応じ、国無償化の上限額と合算して、0~2歳クラスまでは最大で6.7万円(課税世帯を含む)、3~5歳クラスまでは最大で5.7万円を助成する予定です(従来の認証保育所保育料助成を拡充)。

○また、指導監督基準を満たす旨の証明書が交付されている認可外保育施設に月極で通われている方は、上記認証保育所と同様の考え方で助成する予定です(新規の制度)。
                                                                 

詳しくは利用施設ごとの下記リンクを参照してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで