このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

ハザードマップ(水害・土砂災害)

更新:2020年9月7日

現在ハザードマップについて、宅地建物取引業者の方からのお問い合わせが急増しております。
宅地建物取引業者の方は必ず以下のページをご覧の上、お問い合わせいただきますようよろしくお願いいたします。

台東区水害ハザードマップ

浸水範囲を予想し地図化した台東区の水害ハザードマップです。英語、中国語、韓国語版も作成してありますので、ご覧ください。
台東区水害ハザードマップの表面は、荒川が氾濫した場合を、裏面は、東海豪雨相当の雨が降った場合の内水氾濫(雨水出水)を想定して作成したハザードマップになっております。

※台東区では、以下のリンク先のとおり、内水氾濫等の風水害を対象とした避難場所を指定しました。そのため、「東海豪雨相当降雨による内水氾濫区域図」に記載の避難所と変更がありますので、ご注意ください。

※神田川が氾濫した場合の想定については、想定最大規模の雨が降った場合を想定して新たに作成した「神田川水害ハザードマップ」をご覧ください。

日本語版(平成29年度作成版)

※台東区水害ハザードマップ内水氾濫については、計画規模降雨を想定した浸水予想区域図を参考にしたハザードマップになっております。
※平成29年10月より全戸配布しました「水害ハザードマップ」については、「つくばエクスプレス」の路線図に一部誤りがありました。
修正したものを掲載しております。

英語版(平成30年度作成版)

中国語版(平成30年度作成版)

韓国語版(平成30年度作成版)

神田川水害ハザードマップ

神田川水害ハザードマップは、神田川が氾濫した際の浸水範囲、浸水の深さや浸水継続時間を地図上に示したものです。避難経路の確認や緊急時の迅速な対応にお役立てください。

※台東区では、以下のリンク先のとおり、神田川氾濫等の風水害を対象とした避難場所を指定しました。そのため、「神田川水害ハザードマップ」に記載の避難所と変更がありますので、ご注意ください。

※神田川の想定については、平成29年9月発行の「台東区水害ハザードマップ」に記載がありますが、今回作成したものが最新の想定になります。従って、神田川の氾濫については、こちらの「神田川水害ハザードマップ」をご活用ください。

台東区土砂災害ハザードマップ

土砂災害防止法に基づき、台東区では、平成31年3月に谷中地域の一部、また、令和元年9月に池之端地域の一部において、土砂災害警戒区域(土砂災害特別警戒区域含む)が指定されました。このことを受けて、新たに土砂災害ハザードマップを作成しましたので、避難経路の確認や緊急時の迅速な対応にお役立てください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機・災害対策課
電話:03-5246-1092  ファクス:03-5246-1099
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る