このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

事業実績の定期報告について

更新:2018年8月17日

住宅宿泊事業者は、届出住宅に人を宿泊させた日数等について、定期的に報告する義務があります。(住宅宿泊事業法第14条)
報告をしない、又は虚偽の報告をした場合、30万円以下の罰金に処されます。(住宅宿泊事業法第76条)

1.定期報告の内容について

届出住宅ごとに毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の15日までに、それぞれの月の前2月における以下の事項について、民泊制度運営システムを利用して報告してください。
 報告期間内に宿泊実績が無い場合も、実績が無いことの報告をしてください。

(1)届出住宅に人を宿泊させた日数
   ・正午から翌日の正午までの期間を1日とする

(2)宿泊者数
   ・実際に届出住宅に宿泊した宿泊者の総数

(3)延べ宿泊者数
   ・実際に届出住宅に宿泊した宿泊者について、1日宿泊するごとに1人と算定した数値の合計
    (例 宿泊者1人が3日宿泊した場合:3人)

(4)国籍別の宿泊者数の内訳
   ・「宿泊者数」の国籍別の内訳

※民泊制度運営システムが利用できない方は、「実績報告様式」を提出してください。

<報告の例>

(例)6月〜7月の営業状況
宿泊者 チェックイン チェックアウト
日本国籍の旅行客 1名 6月27日正午 6月30日正午

中国国籍の旅行客 2名

7月8日正午 7月10日正午

米国国籍の旅行客 3名

7月24日正午 7月28日正午

(1)届出住宅に人を宿泊させた日数…9日

※6月27日、28日、29日、7月8日、9日、24日、25日、26日、27日

(2)宿泊者数…6人

※実際に届出住宅に宿泊した宿泊者の総数

(3)延べ宿泊者数…19人

※(1人×3日)+(2人×2日)+(3人×4日)=19人

(4)国籍別の宿泊者数の内訳…日本1人、中国2人、米国3人

2.システムを用いず、定期報告様式を用いる場合

以下の書式を使用し、(1)窓口 (2)郵送 (3)FAXのいずれかの方法で報告してください。

(1)宿泊実績がある場合の記載例

実績報告 記載例(実績あり)

(2)宿泊実績が無い場合の記載例

実績報告 記載例(実績なし)

3.民泊制度運営システムを用いて報告する場合

民泊制度運営システムにログインして、実績を入力してください。

実績報告の方法については、下記URLから「住宅宿泊事業者向け操作手順書」をご確認ください。
※第4節 事業実績報告(法第14条の規定に基づく報告…P27 参照

システムの入力例

システムを用いる場合の入力例

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

台東保健所 生活衛生課住宅宿泊事業担当
電話:03-3847-9403  ファクス:03-3841-4325
よくある質問(メールをする前にご確認ください)
メールによるお問い合わせ(メールフォーム)

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る